適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

購入物

涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)

オフの帰りに購入しました。
率直に言うとかなり面白かったです
暴走以降は一応話としては繋がっていても短編というか一話完結みたいな話の詰め合わせだったので
それが嫌いというわけではないのですがやはりこうして一冊丸ごと話が続いてるっていうのは面白いですね…消失然り
αとかβとか出てきて戸惑いましたが要するにあの日あの一行に会わなかった場合と会った場合ってことですかね?
今回というかいつもそうですが感情移入がとてもしやすいのでその点では非常に読みやすいです
そのほかに書くことといっても佐々木さんがいいキャラだとかそういう月並みなことしか書けませんが…(
ただ最後の展開は少し気になりますね。
雪山症候群みたいに長門はヒントを出すだけで根本的な解決はキョンがするって感じになりそうな気はしますが