適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

購入物

Amazonさんが本気出して発売日前日に届けてくれました。今年放送のアニメで初めて買ったBlu-rayがISとか、我ながら萌え豚の鏡だと思います!
…えっと、自分がこれを買った理由は、先日原作を読んでなかなかのひどさに笑ってしまったので、ここまでのA級萌えアニメに仕立て上げた制作陣に敬意を表してという、一種のお布施ですね
まあそういう建前が半分と、今年のアニメキャラで一番ちょろ可愛かったセシリアとかその他ヒロインが動いているのをもう一度見たい、というのもあって…ええ、無駄遣いですね(

インフィニット・ストラトス アンコール『恋に焦がれる六重奏』

Aパートは帰省した一夏の家にメインヒロイン全員が押し掛けてくるという内容でした。相変わらずシャルがあざとい!萌え要素の権化みたいな存在ですよねこいつ(
最初はセシリアにもそれなりに出番があって俺得だったのですが、料理をする流れになってからはただのネタキャラ化してました…まあ作った料理が焦げた鍋じゃ仕方ないw
Bパートは夏祭りに一夏と箒が行くという、完全に箒メインのエピソードでした。まさかここまで箒の一人勝ちとは…アニメ版で放棄されてた分こっちでは増やしたんでしょうか
ブックレットは内山君とひよっちの対談、監督インタビューが載ってました。後は衣装設定とかピンナップ一覧とか…それにしても肌色が多いピンナップだな、とw


…で、総括して感想を書くと、やはりISは日常回が映えるアニメだな、と再認識しました。ストーリー上仕方ないのかもしれませんがアニメの最後二話とか割と冷めてしまいましたし
もう適当に日常系ハーレムアニメとして2期やってくれないですかね…原作は残念なことになってますが、ストック的にはあと1クールくらいはできそうですし…期待してます(
…あ、OVA自体は、箒ファンじゃない限りは無理して買わないでもいいレベルだと思います( それより自分の好きなヒロインがパッケージになった巻だけ買う方が…自分も買うかw