適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

購入物

新房語

新房語

光の大社員(4) (アクションコミックス)

光の大社員(4) (アクションコミックス)

みつどもえ 12 (少年チャンピオン・コミックス)

みつどもえ 12 (少年チャンピオン・コミックス)

ハヤテのごとく! 33 (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! 33 (少年サンデーコミックス)

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)

多分他にも何か読んだ気はするんですが、思い出せる範囲ではこれくらいが限界ですね…

新房語

発売日に買ったのにずっと積んでたのですがようやく…すごく興味深かったです。と同時に、自分ももっと昔の新房作品を見ないとなあ、と思いました
監督曰く代表作はぱにぽにだっしゅ!で、ひだまりスケッチを作る上で影響を受けたアニメはARIA、と…確かにARIAは異色の作品ではありますが
来月のまどマギの映画も楽しみです。千和さんの演技がスクリーンで聴ける…もとい、どんな感じで再構成するのかな、ということが私、気になります!

光の大社員4巻

男爵校長がちょっと最後シリアスに入っちゃいましたけど、こっちは相変わらずというか、更にパワーアップしている気さえしてきますね
日本語が得意なヘンリーさんのネタが面白かったです。いやまあ、言ってしまえばほとんどすべての四コマが面白いですけどね。恐るべし…

みつどもえ12巻

しばらく休載してたので新刊の存在すら忘れてて、ふと本屋に寄った時に見つけたので即購入しました
今回は結構ひとはの出番が多くてよかったです。ガチレンジャーのゲームをやる話とか最高ですね!あともしかしておがちんは可愛いのではないか?(

ゴールデンタイム5巻

大学生の夏休みにサークルのイベントに参加したり男女五人で海に行ったりするとかこいつらリア充すぎる…それとも自分がアレなだけでこれくらい普通なんですかね
ヤナっさんとリンダがくっつきそうなのはちょっと予想外でしたが、それより話があんまり進んでないからあまり読んだ気がしないwということで次巻はよ

ハヤテのごとく!33巻

表紙がマリアさんでちょっとテンションが上がってたんですが本編ではやっぱり空気でした。いや、理屈では分かっちゃいるんですよ、でもさぁ…
泉はたまに出てくると優遇されるよなあとか、ハヤテも随分ラッキースケベ慣れしたよなとか色々思いましたが、焼肉の回で当時の騒動を思い出して笑いましたw

バカとテストと召喚獣10.5巻

入れ替わりネタというのは、ある程度キャラクターが立っていないと成立しないですよね。そういう意味で、今更入れ替わりを出してきたのは正解だと思いました
姫路さんの過去話も結構今更感ありました…というか、今までこれやってなかったのがちょっと不思議ですね。一応メインヒロインのはずなのに…
今回は未来予想の回で成長したムッツリーニの写メを貰った工藤さんの反応を想像するだけでご飯が食べられそうなほどだったというか、そこが一番よかったです
カップリングならこの二人が一番好きなんですよね…キャラクター単体で言えば美波なんですけどね。ってこれ何回か書いたような記憶があるけどまあいいや
次で本編は最終回ってことは次と短編集で二巻くらいで終わりってことか…また一つ買っているラノベが減ってしまうなあ そろそろ俺妹に手を出そうか悩み中です