適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

ルール
・2016年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

アニメに真剣。どうも匠竜杯2016アニメ・特撮形式代表のカイト@マラリヤです。…まあそんなことはどうでもいいのですが一応総括しておきたかったのと
今年は見た数自体も少ないし絞った方が書きやすいかな、と思って久しぶりにこれやることにしました。5年ぶりくらい?だいたい放送順に書いたつもりです

1.『昭和元禄落語心中』 第5話

どのエピソードも非常にクオリティが高かったので悩みましたが、菊比古が天才肌の助六と比較して悩みつつも自分の落語を確立させていくところが見ていて
とてもカタルシスを感じられたのでこのエピソードにしました。夢物語かもしれませんが、努力しないと結果はついてこないんですよね。2期も楽しみです

2.『アイカツ!』 第171話 ベストフレンド

アイカツに関しては思考停止で最終話を選べばいいじゃん、って話かもしれませんが、まどかと凛の友情をしっかり描いたエピソードが今までなかったのと
忙しい中で触れ合う時間を取れなくても変わらないものがある、というエピソードからの『フレンド』が最高すぎたのでこっちにしました。1話しか選べない縛りがな…

3.『ジョーカー・ゲーム』 第5話 ロビンソン

演出・絵コンテに至るまですべて黄瀬和哉さんが担当されていたこの回、他のエピソードももちろんハイクオリティでしたがその中でも更に面白かったです
相手のマークスが相当の切れ者なのにその更に上を行く、何重もの騙しあいがとてもスリリングでした。自分はあまり見ない系統の作品でしたが見てよかった

4.『とんかつDJアゲ太郎』 #6 Chill Out

こんなにとんかつが食べたくなる飯テロアニメがあっただろうか…DJって全然明るくないんですけど、ちょくちょく解説も入るし分かりやすかったです
この話はただ単に「チルアウト」の天丼ネタが面白かったのと、ゲスト声優のつぶやきシローがとても印象に残ってたから選びましたが、どれも面白かったw

5.『くまみこ』 第拾弐話 決断

印象に残ったエピソードを挙げるなら間違いなく入りますね( 連載が続いている原作をアニメ化するということの難しさを改めて感じました
まあこのエピソードだけ切り取らなくても良夫はどうみてもサイコパスだったし、ヤバいな、と思う前兆はありましたけど…日岡なつみさん、これから売れるといいですね

6.『ReLIFE』 Report 4 墜ちる

優等生の狩生が運動でも勉強でも才能に勝てなくて悩んでいる姿が印象に残りました。やっぱり戸松遥さんはいい演技をするなあ〜!
こういうジュブナイルものってもう2○歳男性としては見ていると厳しいものがあるんですけど、好きなものは好きだからしょうがない

7.『プリパラ』 第105話 ガァルル、目覚めるでちゅーっ!!

ガァルルという、「アイドルに挫折した女の子のボーカルドール」があろま、みかんとチームを結成する、「み〜んなトモダチ!み〜んなアイドル!」が
体現された名作回だったと思います。『アメイジング・キャッスル』もみんな楽しそうでいい曲ですよね。神アイドル編は全体的に前より出来がいいきがする…

8.『響け!ユーフォニアム2』 第三回 なやめるノクターン

競技と違い、採点競技(?)である吹奏楽のコンクールにおいては、どうしても納得できない結果に終わることもある、ということは自分も学生時代に常々
感じていたのですが、この回がそれに対する一つの答えとしてとても印象に残りました。優子が「上手い人が吹くべきだというのは分かる」とか言っていたのは
1期の印象からするとかなり意外でしたし( それでも全力を出し切っていい演奏をしないと結果を云々できない、というのは完全に正論なんですよね…

9.『舟を編む』 第八話 編む

雑誌編集だったがゆえに辞書制作なんかできるのだろうか、と不安な岸辺さんが、「右」をどう説明するか、と聞かれて馬締と同じ答えを返したことで
「編む」ことは決して馬締にしかできないことではないんだな、と思わせてくれるいい話でした。千和さんが出るからって見始めたけど見てよかった(

10.『競女!!!!!!!!』 第10話 東西戦第二レース!!!!

最初見たときはどんなネタアニメだよ…と思いましたが、アツいスポ根アニメでした。中でもこのエピソードは、コミュニケーションが苦手だった風音ちゃんが
皆の力を合わせた尻の財宝(ヒップオブバビロン)と巧みな戦略で各上の相手を追いつめる、手に汗握る名勝負だったと思います。食わず嫌いは良くないですねマジで


こんな感じかな?なにぶん見たアニメの本数が少ないので偏ってはいるけどまあ仕方ないね…来年も面白いな、と思えるアニメが多いとイイナ!