適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

あかねさす少女 ★★★★★★★★☆☆

改元後初の更新がアニメ感想。令和もごゆるりゆるゆりいつでもマイペースでいきましょう。


当時は1話を見て特に惹かれず、それっきりだったのですが、そこそこ評判も良さげだったので追いかけて見ることに。そういえば「ちくわさす少女」とか言われてたな…。
主人公・明日架たちが、ご神木にラジオのチューナーを合わせると並行世界に移動できる、という都市伝説を試したら本当に並行世界に飛ばされてしまう、というお話。


並行世界の中で、今の自分とは違う性格・立場の自分に出会うことで、自分を見つめ直していく、という形式になっていて、大体1人2話ずつくらいでキャラを掘り下げていき
後半は明日架と並行世界のアスカとのエピソードを進行させる。見やすい構成でした。明るく振舞っているように見える明日架が、最終的に弟の失踪と向き合えるようになる。
ただ、結局根本的な解決にはなっていないのでは?とか、弟結局どこ行ったんや、とか、投げっぱなしの感はありましたけどね。続編が作れるように、ということなのかな?


さて、姿形は同じだけど性格が違うキャラクターが登場する、ということで、声優さんの演技の変化が楽しめるのがこの作品の魅力の一つかな、と思います。
特に明日架と優の2人は、いつもの世界のキャラクターと並行世界のキャラクター、どちらも出番が多かった分、演じる側は大変だったのかもしれないですが、見ていてとても面白かった。


マイナス面を挙げるとすれば、バトルシーンとコスチュームがクソダサい、ということに尽きますね。キャラデザがちょっと古臭いのに、バトルシーンになるとそれを超えるレベルでダサい。
そのバトルシーンがダサいのも当時切った一因でもあるし、通して見ると面白いけどなあ…という感じ。やっぱり、去年の冬クールは面白い作品が多かったですね。