適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

ニセコイ ★★★★★★★☆☆☆

ニセコイ 豪華版 [Blu-ray]

ニセコイ 豪華版 [Blu-ray]


「キムチでもいい?」


映画ではこの迷言はなくて安心しました。自分が全巻読んだジャンプ漫画では多分最新の漫画。…いやでもこれ完結したのもう何年前だ…?この前観た『俺物語!!』が割と良い実写化だったので
同じく河合監督の実写作品で、また原作を知っていることもあり観ることに。あらすじは書かなくてもいいか。ヤクザの息子とギャングの娘が偽の恋人関係を演じてなんとかかんとか。


俺物語!!』の時と同じ感想を抱いたんですが、この監督、漫画を実写化というよりは実写を漫画的表現に寄せてくるのが大きな特徴ですね。変なSE、BGMの天丼、文字が出る特殊効果等…。
実写作品にあえてそれらの漫画・アニメ的表現を盛り込むことで、ギャップによるインパクトを狙っているのかな。原作からして、割とコメディの側面が強いラブコメでしたし。


…で、その結果がどうなのかというと、前半が本当にダダ滑りで観るのが苦痛なレベルでつまらない。いやキツすぎるでしょこれは…。福田雄一作品の滑ってる時みたいな感じ。
ただ中盤以降、少し目が慣れてくると楽と千棘が距離を縮めながらもすれ違い、最後に結ばれるまでがそれなりに筋道立てて描かれていて、構成自体は悪くないな、と思うようになりました。


そもそもこの作品、まず原作が破綻気味ですよね。難聴に記憶喪失に…。鍵の設定も話をこじらせただけでしたし、これで千棘を選ぶのはいちごで西野選ぶより全然納得いかねえ、という話で。
それに比べると、映画では思い出の女の子は小野寺、と決まっていてすっきりしているし、もちろん本命でもない女の結婚式をぶち壊したりもしない。小野寺関連のエピソードもあまりないので
千棘が楽に惹かれていき、友人の小野寺のことを思って身を引こうとするも…という流れにあまり違和感がない。この筋立てなら、千棘エンドでも納得行くかなあ、と思いました。


前半だけなら★4か5ってところですが、あの原作を2時間で上手く再構成したこと、DAIGO、島崎遥香らサブキャストが結構面白かったことを評価して及第点ということで。
人に勧めるレベルではないですが、原作を読んだ人が観たらスマートに再構成されてるのに驚くかも?あ、でも鶫君はただのモブだったので正直出さなくても…あとるりちゃん可愛くないのも…。