適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

2019年春クールアニメ総括1

気づけば春クールの作品も終わっていく。時間経つの早いなあ…。もう夏ですね。蒸し暑いので今週ようやくクーラーを使い始めましたけど快適度が倍くらいは違う。

川柳少女

ヒロインの台詞が一貫して5・7・5のリズムなのが面白かったし、ストレスのない作品で概ね楽しめました。最終回が馴れ初めだったのはちょっと変化球だったなあ。花澤香菜は偉大。

みだらな青ちゃんは勉強ができない

タイトルのしょうもなさに反して笑えるラブコメでした。あとツダケンのお父さん役が面白すぎた。ファン的にはあれはアリなのかな。今期は和氣あず未無双。

超可動ガール1/6

可もなく不可もなく。オイスター先生のファンなのでアニメで動いているのを見てるだけで楽しいけど、シュール系の、より先生っぽさを感じる作品を5分枠とかでいいから見たいなあ。

女子かう生

あまり感想のつけようがないけど、この辺まとめてふたばにめ枠だしまあバーターってことで…。

ノブナガ先生の幼な妻

虚無だった。こんな作品視聴してる時点でどうしようもないタイプのオタクなんだからもっと深い時間に規制せずにやってほしい…流石に紙芝居始まると飛ばしてるのと変わらない。


見終わったのがまだアニメイズムとふたばにめだけだった。来期は何が面白いんでしょうかね。正直言って今年かなり不作なのでそろそろ1年を代表するような作品が来てほしいんですが…。