適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

2019年度夏クールアニメ総括

見ていた作品は多分最終回を見終わったので少しずつ。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

異世界編に入ってからの異常な失速。結局異世界ごと滅んだことに何の後悔もなさそうだし、前半メインヒロインだった神奈ちゃんを残してユーノと旅立つとか後味悪すぎる。
てか、神奈ちゃんを助けるために異世界に飛んだんじゃなかったのか…。異世界行ってから別人格みたいになってしまったし、色々と残念な作品だったな、と。

MIX

味方のエラーでサヨナラ負けとかいう後味の悪さ。安定して面白かったけど、2クールではどうしようもなかった感はありますね。1年見ていたかったなあ。

鬼滅の刃

展開がワンパターンで中盤飽きてしまったけど、那田蜘蛛山の累との戦い辺りからまた面白くなってきました。映画も面白そうだし、楽しみですね。

フルーツバスケット 1st season

大地版のテンポの良さが好きだった分、間延びして感じたなあ、と。十二支が出てくる→透の救い、の流れも食傷気味なんですよね。これは原作がそうだから仕方ないか。
どうしても透というキャラから人間臭さを感じないのでそこは原作から苦手なんですが、夾の本当の姿を知るエピソードは良かったですね。感動色強めな分、ああいう時は強い。

手品先輩

しょうもないけど毎回面白かった。1エピソードが数分の短編というのも大きい気がしますね。結局、こういうくだらないやつが自分のストライクゾーンなんだよな。

彼方のアストラ

全体的に王道冒険活劇としてのクオリティが高く、個人的には夏クールで1番かな、と。せっかくなので円盤を買おうか検討中です。はやみんのキャラソン欲しいんだよな…。

ダンベル何キロ持てる?

特に筋トレしようとは思いませんでしたが、毎週楽しい作品でした。中毒性のある主題歌も良かった。動画工房のアベレージヒッター感はすごい。

魔王様、リトライ!

作画もヤバいし、途中からシムシティを延々続けて1クールでストーリーをまとめることすら放棄してたしゴミでした。主題歌と1周回って斬新なネーミングセンスは良かった。

女子高生の無駄づかい

日常+ギャグ、最高だった。11話「ゆめ」はいつもなら苦手なギャグアニメのシリアス回なのに、不覚にもちょっと感動してしまいました…。ヤマイたそ~。

荒ぶる季節の乙女どもよ。

1話のインパクトは今期ナンバーワン。そこからも先の読めない展開で、最後までマリー節全開で楽しませてもらいました。この人じゃないと絶対思いつかないセリフが多すぎる。

からかい上手の高木さん2

1期よりもからかいがアグレッシブになってて良かった。最終回も良いけど、夏祭りに誘う回が一番かな。

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

結局変態の正体お前やったんかい、という。テンポが異常に遅くて、毎回45分くらい見てる錯覚に陥りました。

まちカドまぞく

桃を看病する話と、あとラスト3話はそこそこ面白かったかな。流石にちょっとスロースターターすぎて、全体の評価を覆すには至りませんでしたね…。

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

異世界ものの中では一番作画が安定してたけど、全部親子愛に持っていくチープな展開はちょっとな…。エンディング普通に発売してほしい。


継続で見ているのが『Dr.Stone』。毎回安定して面白いですね。夏はこれとアストラ、あらおとが3強で、次点に女子無駄、鬼滅、フルバ辺り。
冬と春はあまり好みに合わないものが多かった中で、今期はそこそこ楽しめたかな。15作品しか見てないけど、視聴に耐えない作品が年々増えてきて…加齢ですかね。
あと、評判を見てるとリステがそこそこ良い感じみたいなので、3連休に見てみようと思います。台風で岡山泊が中止になってしまったから日曜は家にいるしかないので…。