適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

A&G NEXT BREAKS FIVE STARS FINAL FESTIVAL@ライブ配信

元々今日は岡山にいる予定だったのですが、用事が台風で中止に。タイムシフトではなく、リアルタイムで配信を見られることになりました。
前も書いたけど、こういうトークイベントを配信してくれるの、地方民にとっては本当にありがたいですね。こういう流れがもっと広まってくれると嬉しい。


トークイベントは各人ごとに「○○だったで賞」みたいなのを授与して名場面を流すコーナーとSTAR LINKSのコーナー。どちらもめっちゃ笑いました。
セクシーなりっさんをイジるみんなとか、「この中で一番部屋が汚そうなのは誰?」のお題で4:1で即みにゃみに決まったりとか。


そしてお色直しからの卒業式風の朗読劇にミニライブ。朗読劇は思ってたより大分ネタ色が強くて笑ってしまった。ともよちゃんだけパンツスーツだったのが印象的でした。
ミニライブは、今までイベントに参加していなかったのでラジオで流れているのを聴いた程度でしたけど、良いですね。『夕焼けオレンジ』がいきなり刺さってしまった。
そして『五芒星』はもう反則ですよね。メロディックな音に感傷的な歌詞。泣かせるための曲かよ。演者も泣きながら歌ってたけど…。そしてともよちゃんとりっさんの上手さに改めて驚く。


締めの挨拶の最後で、ゆーきちが「今まで当たり前のように続けられたのは、パーソナリティだけではなく、見えないところで色々な人の努力があったから」と言っていたのがとても良いな、と。
今日のイベントにしたって正にそうで、あれだけ大きな台風が襲来してすぐの開催、1部を中止にするという苦渋の決断、会場の設営…。本当に裏で尽力してくださっていた人たちがいる。
配信環境まで整えてもらったからこそ、遠隔地にいる自分みたいなリスナーも「当たり前」に参加することができたわけで。素晴らしい縁に感謝しなければいけませんね。


挨拶といえば、ともよちゃんの「こういう(災害の)時に一番弱いのがエンターテイメントだけど、一番強いのもエンターテイメントだと思っています」という言葉も刺さりました。
自身、様々な現場で、演者の皆さんに活力をもらっているんですよね。今日も、画面の向こうからとても暖かいものを受け取れましたし、観ることができて、本当に良かったです。


今年はずっと、月曜の20時にラジオを聴くのが「当たり前」になっていただけに、ここ半月ほどは手持ち無沙汰だなあ、と思いながら過ごしているところです。
週の始めに楽しい時間を過ごせ、活力を貰えたことに大きな感謝を表したいと思います。パーソナリティの皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。