適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

高田憂希 北九州凱旋イベント「帰ってきたっちゃねー!」vol.9&『ブルバスター』スペシャル朗読劇・トークショー

友人は朝4時半(!?)から並ぶ、とか恐ろしいことを言っていましたが、凍死しなくてよかったですね…。
自分は普通に開演30分前に行きましたが、それでも8列目の真ん中くらいは取れたので、割とよく見える位置でした。朝1だしなあ。


f:id:kaitopoketto:20191202213445p:plain


今年だけで、この凱旋イベントには昼夜合わせて今回で計5回目の参加。参加する度に書いてるんですが、このイベント、めちゃくちゃ面白いんですよね。
司会が芸人なのが大きくて、出演者がイジりイジられる関係が面白い。というか、いつも客席すらイジりますからね。今回も矢野・兵藤みたいな風貌の2人がめっちゃイジられてたし。
今回は尺がいつもより短めなのもあり、毎回爆笑必至の朗読コーナーがなかったのが個人的には残念でしたけど、それでもトークコーナーは安定の面白さでした。
ジェスチャーから観客に当てさせるやつ、「令和」と「スプラトゥーン」を当てたオタクは才能がある。まず「令和」のジェスチャー、って言ってすぐできるのも凄いと思ったけども。
中島唯さん、自分のアンテナが低いので詳しくなかったけど、あいうらの人か。というか、今調べてて知って驚いたんですが、既婚なんですね。見、見えねえ…。年下だし…。


次回のゲストは…ってちょっと間があって、スクリーンに「桑原由気さん!」って映し出された時に思わず盛大に吹き出してしまい、不審者と化しました。
最前で観ているであろう友人がどんな顔をしていたのか見たかった…。次最前取るために何万積むんだろう。頑張ってほしいですね(他人事


続いて、代アニ福岡校の生徒さんと、高田さんによる、北九州を舞台にしたロボットものの作品『ブルバスター』の朗読劇がありました。
自分の前の席の一団、オタクにしてはなんか年齢高いというか、お母さんとおばあちゃんだよな…とか思ってたけど、多分壇上にいた生徒の親御さんだったっぽい。

アニメ化を目指して企画を進めているらしく、ミサイル1つ撃つのにもコストがかかるからダメとか、労働基準法違反だから今日は出動はダメ、とか。
民間零細企業でロボットを操縦して敵と戦う、という、既存作品で言えば『地球防衛企業ダイ・ガード』と近いなあ、と見ていて思いました。
割と面白いな、と思ったので、是非アニメ化してほしいですねー。ロボアニをSF路線でやるのはもう時代に合わないと思うので、こういう切り口の方が…話が逸れるな(


皆さん代アニで卒業公演を終えた後というのもあってそつなく上手かったんですが、当たり前だけどプロの高田さんが一つ抜けてましたね。
街を守るために出動したいのに、連勤しすぎとか、決裁おりてないから判子貰ってきてとか言われて苛立つ。息遣いまで含めてリアルで、やっぱり役者だなー、と。


…とまあ、そんな感じで朝から昼前まで、昨日に引き続きKPFを満喫しました。これで無料とかヤバくない?入場料くらい取ってもいいと思うんだけど…。
基本的には頑張り屋だろうがファン想いだろうがどうでもええやろ、という信条ではありますが、高田さんを見ているとファンがハマる理由が分かってしまうんですよね。
数十年生きてきて、アイドルにハマる心理がよくわからんな、とずっと思ってましたが、初めて自分なりに体感できたかも。これ以上は沼なので絶対に進みませんが。
とはいえ、次回も何か被らなければ絶対に参加したい、と思うくらいに楽しいイベントなのは確か。今年の声優イベント納めはこれかな。お疲れ様でした。また春に。