適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

クイズマジックアカデミー 軌跡の交叉 -Xross Voyage- 最終成績

例年通りコピペして数字を改変。クイズ一筋、13年。そして遂に ライトプレイヤーの期間 < ヘビーユーザーの期間 になってしまった。去年が丁度半分ずつだったんですよね。もう戻れない。

CN

メイン:カイト@マラリヤ
サブ:ザコメンタル@ヴァニィ→さくまきのん@ヴァネッサ→さんようおのだ@ラスク


マジカが40000近く余ってしまった。いい加減、Qメダルと交換できるようにするとか、何か使い道を作ってほしい。適当に転生させて戻してもよかったけど、自粛と重なって機会がなく。



サブカのCNは、その時々にちょうど観てたアニメとか、TLで目についたものとかから適当に付けてます。次回作も多分そんな感じ。どうせ投げるものと接続地で分かる人にはすぐ分かる。
特に意図したわけではないのですが、結果的に今作はシンデレラCNが続いてしまったな。あと、山陽小野田市は活力と笑顔あふれるスマイルシティです

階級

メイン:黄金賢者(Qレベル:83)
サブ:大黄金賢者(Qレベル:88)

獲得魔法石

メイン:91,508個
サブ:122,068個

優勝回数等

優勝168回 決勝進出229回 準決勝敗退23回


2枚足すとちょうどQレベル100相当らしい。今作は稼働期間が伸びたので、最終的に結構上がりましたね。もし1枚で宝石まで到達していたら、2度目の紅玉賢者だったはず。
ほぼ土曜の夜か日曜の朝にしかトナメに入らなかったので、今作は1年間を通して1度も予選落ちせずに済みました。「絶対に負けない唯一の方法は闘わないことだ」ってアニメで言ってた。
…まあ、概ねリコアリのキャラクターバトルでGOLDユリ相手に無気力試合してたんですけど。HPとセットレベルが両方1の各種カードにはお世話になりました。実質レッスンモード。

正解率

f:id:kaitopoketto:20200615213356p:plain


ジャンル 正解率 前作 前作比
総合 83.16% 84.62% -1.46%
ノンジャンル 83.78% 82.35% +1.43%
アニメ&ゲーム 83.33% 84.34% -1.01%
スポーツ 82.62% 80.84% +1.78%
芸能 82.69% 84.25% -1.56%
ライフスタイル 82.63% 89.60% -6.97%
社会 82.59% 82.14% +0.45%
文系学問 84.40% 85.25% -0.85%
理系学問 83.88% 88.25% -4.37%


前年比で総合正解率が下がったのは、投票制が廃止された5→6以来で悲しい。前作はそもそも母数が半分くらいだから誤差の範囲ではあるけど、ライスタと理系をサボりすぎた。
決勝の主な出題を芸連→スポ順にしたのを加味するとスポーツと芸能の正解率は往って来いなので、実質上がったのは社会くらいか。上下2%以内に全ジャンルが収まったの初めてだな。
どうせあんまりプレー時間取れないし、と思って一方通行とまともに向き合わなかったツケなので、当然の結果です…(化石ネタ)なんですけどね。この辺は次回作の課題かな。
武器はアニ特が93%、スポ順と芸連が91%くらい。スポ順は大会前以外はこんなもんだし、アニ特は目下リハビリ中だから良いとして、連想で91%は武器と呼ぶには厳しいので要復習。

その他モード

検定試験はアニゲ系の検定を一通り触ったくらいでほぼ放置。貴重な実機のプレー時間を検定に割く余裕がなかったので、遊ぶ時はコナステで数クレ、って感じでした。
プレーした中で一番SSSに苦労したのは間違いなく異世界検定ですね。3000点代前半で何度も止まるので、あと一問が遠かった。一番楽しかったのはヒロイン検定。問題がキモくて好き。
協力は変わり目にたまに入った程度。マジコロはファイターでため攻撃しかしてない。リコアリキャラバトルの方が回転が早いので、あまりこの辺のモードはプレーしなかったなあ。
Limitedはアニゲと芸能だけちょっとやりました。相対的にはアニゲより芸能のほうが決勝に残りやすかった気がする。このゲームの芸能とかいうジャンルが難しすぎるのが悪い。

全国魔法学校賢技選手権

年明けに振り返ったので簡単に。今作は初めて広域大会を全通して、全広域大会でシード権を獲得した唯一のプレイヤー(多分)になったので、昨年に引き続き足で稼いだ1年でした。
反面、G3とG4でしか優勝できていないという厳しい現実もあり。ほぼ週末にしかプレーしていないのに、週末に大会に出ると予習ができない、というジレンマ。
あと、全国大会は夏に数年ぶりに賢将になれました。横断的な得意ジャンルがないし右が弱いのであんまり向いてないのですが、序盤に良いスコアが出たらまた狙ってみたい。

目標達成状況

1.総合正解率85%→未達成 そもそも下がったし。
2.スポーツ正解率82%→達成 スポ順で盛っただけだけど達成は達成。
3.ライフスタイル・社会・文系学問・理系学問正解率85%→未達成 まず今作は1つも85%に乗っていない。ぼくは右辺ができない。
4.四択・一問多答の正解率80%→未達成 達成する気のない目標だった。変わりに今作はタイピングをテコ入れしたのに、なぜここに入れていなかったのか…。
5.SG相当の大会でファイナリスト→達成 良い経験ができました。稼働が伸びたおかげでSG枠を半年くらい付けられてすごくコスパが良かった。マラリヤには紫がよく似合う。


2/5。もうちょっと実態に即した目標を立てるべきだった。なんもかんも一方通行が悪い。せめてサブジャンルでの出題頻度を調整してほしい。四択出題時に5割で一方通行になる、とか。

次回作の目標

1.総合正解率84%
2.四択総合正解率80%
3.一問多答総合正解率75%
4.正解率80%未満の単形式(サブジャンル・ランダム除く)の数を減らす
5.アニメ・特撮正解率95%、芸能連想正解率95%
6.(開催されれば)G1相当の大会で優勝


大まかな方向性としては苦手形式(主に四択と一問多答)の穴埋めから総合力の向上に繋げるイメージで。大会はそもそもあるか怪しいけど、去年優勝できなかったので、あれば勝ちたい。
数えたら80%切ってる単形式が37もあったので、せめて30以下に…特に未だにキーパネで80%を切ってるいくつかは対策したいですね。これでも昔はキーパネ得意だったはずなんだけど。


他の人の振り返りを読んでいて思ったのですが、自分も一番プレーしていたWORLD EVOLVEの頃に比べたら、いつも環境を言い訳にしてるけど、それを差し引いてもモチベは落ちている。
それが数字にも現れているんですが、じゃあ飽きたのか?というとそうでもなくて。以前より頻度が落ち着いたことで、逆に適切な距離を保てているんじゃないかと思ってます。
大会も、もちろんそれ自体が目標やモチベにはなるのですが、そこに特化してしまうと、どうしても上位陣の対策が優先になってしまって、結果、頭打ちになってしまうような気がして。
実力が停滞していたのも、頻度以上に、取り組み方によるところも大きいのでは、と今年に入って思い始めたので、大会のないうちに、地力の底上げができれば良いな、と。言うのは簡単ですが。
自粛期間中も、あまり触ってなかった形式に手を出してみたら案外楽しかったので、こんな感じで色々中途半端に手を出していけば、今の攻撃全振りよりは少しはバランス良くなるかな…?


…とまあ、こんな感じで。輝望の刻でも機会があれば各地方まで足を伸ばしたいとは思っているので、お会いした時はよろしくお願いいたします。
環境的には引き続き黙々と一人でやることになるので、モチベーションがどれだけ続くかは未知数ですが、幸いまだゲームを楽しめているし、当面は大丈夫…のはず。
そもそも近所に新筐体が入らなさそうなので、万が一撤去されたら引退までありますが、そこはできる範囲でお金を落としていこうかと。でもSwitchのソフトもそろそろ何か買いたい。