適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

第1回京大即応オープン

本当に模試って数学だけで全てが決まりますよね…毎回思うんですが結構理不尽ですよね(

科目 得点 順位 偏差値
英語 71/150点 835/2463人 54.7
数学 90/150点 268/2463人 63.0
国語 66/150点 373/2455人 59.8
世界史 70/100点 106/1083人 63.9
合計(学部別) 262点/500点 96/849人

京都大学法学部 A判定

良かったこと

・数学が2完2半だったおかげでなんとか6割…これ以上は基礎力強化しないと無理ですね(
・古典は採点の甘さもあってか半分以上あったので素直に嬉しかったです
・世界史が前より上がりました。…でも多分これは論述がちょうど当たっただけですね

反省点

・直訳だと変な気がして勝手な解釈で訳したせいで点数が飛んだので気をつけようと思います
微積がゴミクズ\(^o^)/まぁ自分は微積に関してはセンターレベル以下ですからね…
・小説の読解が全然出来てなかった…最近ライトな小説を読みすぎたのかもしれませんね(


ご臨終だった駿台模試とは比べ物にならない…成績優秀者として名前が載ったのは半年前のプロシード以来でしょうか
しかし自分の1点下に小学校の同級生を見つけたときは驚きましたwまさか志望校と学部まで同じとは…
東大模試と違って柊さんはいませんでしたがこっちもイースト国原英男とかロザン宇治原とか変な名前の成績優秀者がいました(