適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

劇場版アイカツスターズ! ★★★★★★★★★☆

女児なので公開初日に観に行きました。親子連れが多かったけど一番後ろの列に大きなお友達がずらっと並んで鑑賞してて何か笑ってしまったw

ねらわれた魔法のアイカツ!カード

こういうオールスターズ的な企画はオタク的に嬉しかったですね。ファンサービス小編みたいな感じでしたけど、各アイドルのノルマは頑張ってこなしてた気がします
でもやっぱり全員での『アイドル活動!』は圧巻でしたね。このシリーズが積み重ねてきた重みを感じる…ドリアカ組はちょっとやっつけ感あった気もするけど多分気のせい

劇場版アイカツスターズ!

てっきりアニメと関係ない独立したエピソードとかやると思ってたんですけど、ゆめとローラが絆を深めるかなり重要なエピソードでした。これ完全に見るの前提ですね
こういう風にアイドルたちが感情をぶつけあって喧嘩し、仲直りするというのは前作の『アイカツ!』ではない要素だと思うので、かなり新鮮でした
前作は子供にも受け入れやすいように暗喩で描いてる面もあったと思うのですが*1今作は結構直截的な描写が多いような印象ですね。毛色違うよなあ、と…
そしてそれよりも印象的だったのがゆめとローラの描写というか…いやこれもう二人デキてるとしか思えないでしょw完全に思わせぶりな描写とかいうレベル越えてますよね(
これだけ印象的にやられてしまうと、あくまでこの作品の主人公は二人なのかなあ、という気が少ししました。友情を深めた二人が最後にガチ対決、みたいな筋書きが見える…
あとはマオリちゃんの声を聞いた瞬間に「日高里菜ちゃんだ!!!」ってなったくらいですかね。いい声してるわ…こういスペシャルゲストォ…があるからアニメ映画は楽しい


オタク向け短編と60分の作品に9とか甘々すぎて甘々と稲妻ですが、割と学園長が語った構想とか伏線として重要そうですし、期待を込めてってことでひとつ(Amazonクソレビュー並感)

*1:例えばスキャンダルネタをユリカ様のラーメン好きで描くとか