適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

ぺとぺとさん ★★★★★★★☆☆☆

そういえば千和さんが出てたアニメなのにこれまだ見てなかったな、とふと思ったので、1クールですぐ見られるし、ということでさっと見てしまいました
人間と妖怪の交流が一応のテーマになってましたが、途中河童の姉妹同士の抗争に尺持っていかれて真吾と鳩子に関するストーリーがちょっと微妙なまま終わってしまいましたね(
退屈ではなかったですが、あまり特筆するところがない作品だったかな、と…キャスティングがいかにも10年前って感じでかなり懐かしかったです。植田さんの関西弁の安心感よ…


一応千和さん目当てで見たのでそのことも書いておくと主人公の妹で小学5年生。近年はあまりなくなってしまった子供キャラの演技で、意地っ張りな感じがよく出てて良かったです
今期のスクストのオディールも千和さんの本領発揮って感じでとても生き生きとしてて見てて楽しかったですね。…本編が楽しいとはお世辞にも言えないのが悲しいところですが