適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

僕の心のヤバいやつ

今日はヒナ祭り祭り(死語)。そういえばハヤテが読み放題になってたけど結局どう終わったのか、気にならないことはないけど、時間割いてまで読みたいかと言われると…。



みつどもえ』大好きなので、桜井のりお先生がなんか新作書いてて人気らしい、というのは知っていたものの読む機会がなく、ようやく、といったところ。まあ2巻だし。
よくTwitterで絵が流れてくるのでWEB漫画なのかな?と思ってたんですが、最初は普通にチャンピオンで連載してたんですね。『ロロッロ!』ももう連載開始から結構経つんだな。


読み始めて思ったのが、適当にTLに流れてくる絵を流し見てて勘違いしてたんですが、「おねショタものじゃないのか…」という。小柄な主人公と長身のヒロイン、同級生だったのか。
厨二病の主人公・市川が、スクールカーストの頂点にいる美人長身モデル・山田を観察しているうちに、次第に気になっていく…という、あらすじだけ書くとめっちゃ凡庸になってしまう(
2人の距離が次第に近づいていって、互いに意識するようになっていく様子が…なんというか、正にタイトル通り「ヤバい」。好意を自覚して以後はもう大体全部ヤバい。


中学2年生という設定が活きていて、市川の優越感と劣等感を同時に覚えるあの時期特有の感情には割と共感できるし、更に桜井のりお先生独特のエロさも健在。
先生がTwitterでたまに更新するおまけ漫画は本編以上の破壊力なのでは?というくらいで、この前のバレンタインデーのエピソードとかヤバかったな…。


nlab.itmedia.co.jp


ちょうど今日このコラムを見て結構共感したんですが、この漫画、結構「考察」の余地があるというか、明示されてないけど…みたいな展開がちらほらあるんですよね。
普通に読んでもラブコメとして楽しめて、もう一度読むと新たな発見がある。『五等分の花嫁』とかもそうですが、二度楽しめるラブコメって強いのかもしれないなあ。



『僕の心のヤバいやつ』 PVロングver.


何故かPVまであるけど、本編読んでない人がこのPVだけ見たら絶対意味わからないですよね。作中の名場面がかなり再現されているとはいえ、単体で見るとシュールすぎるw


…と、1ヶ月近く放置している下書きがあることに気付いたので、大分タイムラグのある更新でした。書こうと思って忘れてることがまだ何かしらあるような…?