適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ★★★★★★★☆☆☆

年度始め一週目にして既に疲労困憊。まだ先は長いし、体調管理に気をつけていかないと。休日に長めに寝たら治る程度の微熱だし、単純に体が労働を拒否してるだけなんですが。



…で、リフレッシュに軽い作品を観ようと思い、近所のレンタルショップでこれを借りてきました。実写版、公開当時も割と気にはなってたんですけどね。
そういえばそろそろアニメの2期も放映開始だったかな。追加キャストに好きな声優さんが多いのでとても楽しみです。


全体としては、前半で作中の有名エピソードを入れ込みつつ、中盤に花火のエピソードを持ってきて一旦盛り上げ、後半はオリジナルストーリー、といった感じ。
完結していない作品を2時間で再構成する、という無理難題、今回はどうするのかな?と思ってたんですが、アニメみたいに花火で終わらなかったんですね。
90分くらいの尺にして、花火のところで終わっても良い気もしたけど、それだと実写でやる意味があまりないのかなあ。


1本の映画としてオチをつける必要があるのは前提として、キスをする、しないというレベルのギリギリ攻防って割とこの作品の根にあるように思うんですよね。
花火までやった残りの尺でそこを片付けてしまうのって、ちょっと原作とは違う解釈なのかも、と思いました。別に作品自体にそこまで思い入れがあるわけでもないのでアレですが…。


でも、『俺物語!!』『ニセコイ』と観てきて、河合監督作品は原作をどう再構成するかについて一応腐心している様子が伺えるので、嫌いじゃないんですよね。
佐藤二朗の「これ全部アドリブだろw」みたいな演技が目立つので、某福田作品を彷彿とさせるところも多いですが、あっちが自分に寄せてるのに対し、まだ歩み寄る姿勢が見えるというか。


キャストについては、漫画の実写化御用達のハシカンはビジュアルだけで殴ってくるのはいつも通り。藤原書記の髪色はともかく、浅川梨奈さんの演技からは原作へのリスペクトを感じました。
ニセコイで可愛かった池間夏海さんはアニメ色が強すぎて若干浮いてたような…。あと、佐藤二朗は「コード・ブルーだ」と情熱大陸が面白かったです。こんなに出番多いとは思わなかったw