適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

浮草 ★★★★★★★★★☆

浮草

浮草

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video


『赤線地帯』と同じく、無料のうちにということで。
浮草のようにあてもなく全国を旅して回る役者・駒十郎。一座は港町に立ち寄り、かつてそこで設けた子供・清と、清を女手一つで育てるお芳の元を尋ねる。
伯父という設定にして清の元に通う駒十郎。その様子を訝しんだ愛人・すみ子の一計により、奇妙な関係だった家族の間に亀裂が入って…というもの。


まず、小津っぽくないのに小津っぽいのが新鮮でした。制作会社が違うから、役者がいつもの面々ではないんですよね。笠智衆とか杉村春子とか、いつもの顔ぶれはいるけど。
テーマも「家族」というくくりは同じですが、「娘の嫁入り」といういつものテーマではない。途中は結構激しいけど、最後は優しい味わいなのは安心しますね。
雨の中、駒十郎とすみ子が口喧嘩をするシーンが印象的でした。同じ言葉を繰り返すのも手法の一つだと思うんですが、今作だと「アホ。ドアホ。」が多かった気がする。
小津作品は東京が舞台であることが多いので、こういう関西弁を聞くと面白いですね。対面のカメラワークとかローアングルとか、そういうところは安定の綺麗さでした。
夫婦善哉』とかもそうなんですが、流暢な関西弁を聞いていると安心するのは、出身の問題なのかなあ。この前観た作品とはうってかわって純粋な娘を演じる若尾文子が綺麗でした。