適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

ゆるキャン△ SEASON2~磐田・浜松編~ 先行上映会(ライブビューイング)

1期と短編アニメは楽しく視聴していた『ゆるキャン△』。2期の放送に先立ち、舞台挨拶つき先行上映イベントのライブビューイングがあることを知る。
応募したら幸いにも当選したので、久しぶりに海峡を超えて映画館まで行ってきました。前に九州に行ったのは箱崎大会以来なので、1ヶ月半ぶりかな?
上映時間がちょうど良かったので、イベント開始前にそのまま同じ映画館で『羅小黒戦記』を観たのですが、その感想についてはまた後日、ということで。


舞台挨拶ですが、印象に残ったのはまず「豊崎さんデカいな!」という( 昔こそよくネタになってたけど、配信とかを含めても顔見るの久しぶりだったから余計に。
原さんとかが「飯テロになるので…」とか仰ってたけど、3話分たっぷりの飯テロは本当にご飯時には辛かった。特上のうなぎ、食べたすぎる。カレー麺は明日の昼飯にします。
あと、最近表情筋をほとんど使わずに生きているので、今日は無意識のうちに口角が上がって笑顔になっている自分に気付きました。頬の筋肉が疲れた気がする…。


本編の感想としては、風景の描写が美しく、キャンプの魅力を十二分に伝えていたのは今更書くまでもないのですが、個人的には3話が一番印象的でした。
しまりんが語っていた「ソロキャンは寂しさも楽しい」という言葉が良いなあ、と。自分も旅行はいつも一人で行くんですけど、一人だからこその良さはやはりあって。
あと、曲名は分からないけど、スケッチブックみのある素朴な劇伴がかなり好き。…あと、綾乃の演技が地声に近くてかなり好みでしたが、まあこれも書くまでもないでしょう。


f:id:kaitopoketto:20201130003021j:plain


終了後は、他のイベントで九州に来ていた2人と合流してもつ鍋。知り合いと会うのが久しぶりだったので、色々話せて楽しかったです(小並感)。
今年は本当に職場と買い物のレジくらいでしか声を発することなく過ごしているので、話せるというだけで楽しくて、終電ギリギリまで粘ってしまった。
来期のアニメなんて当然全くのノーチェックですが、少なくともこの作品は楽しみですね。静岡県、人生で通過したことしかないけど、一度行ってみたいなあ。