適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

仁義なき戦い 頂上作戦 ★★★★★★★★★☆

仁義なき戦い 頂上作戦

仁義なき戦い 頂上作戦

  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Prime Video


「あんたそれでも極道か、それとも何かそのへんのタクシー屋のおっちゃんか、どっちや!」


東映実録ヤクザシリーズ第四弾。昭和38年春、西日本最大の広域暴力団明石組とライバル神和会との代理戦争とも言うべき広島戦争は日ごとに激化していった。
明石組系の打本組と広能組、神和会系の山守組は対立の様相を呈し、血なまぐさい暴力事件が相次いでいた。
抗争は遂に市街戦に及び、一般市民をも巻き込む事態に、警察は暴力団撲滅頂上作戦を展開して・・・
市民の叛旗・警察の頂上作戦・全マスコミの暴力団撲滅キャンペーンといった反対勢力が渦巻き、暴力団の在り方が問われる中、
新たな戦後世代のヤクザたちの生き様が生まれてくる姿を鮮烈なリアリズムタッチで捉える!


暴力団への風当たりが強くなってきた時代を描いた第4弾。広島での争いはどんどん激化していき、人が死にまくる。岡島さんとか可哀想だったな…。
広能もかなりの期間獄中にいるし、天下(?)を取ることの難しさというか、ままならなさを感じますね。警察が介入してくるといよいよ混沌としてくる。
山守が逮捕されたり、大友勝利が年をとって爺さんになってたりするのが時代の流れを感じるし、こういう無常感もやっぱり三国志演義チックだよなあ、と。
フィクションにおける世代交代って、どうしても寂しさを感じてしまうのでちょっと苦手なんですけど、そこも含めて、前作と並ぶ名画でしたね。