適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

斎藤千和さんお誕生日おめでとうございます

千和クラスタのツイートを見て誕生日に気づく。今年は忘れてるパターンの年だった。というわけで時差更新。おめでとうございます。
40歳、と見るとなかなかインパクトありますね。2児の母としてお忙しいのだろうとは思いますが、一時よりは出演作も増えているように思えて嬉しい。


この1年の出演作だと、昨年に引き続き『ストライクウィッチーズ』シリーズの印象が強いですね。発進します→3期→発進しますで3年もやるとは。
今月に入って『ARIA』と『シン・エヴァ』で2度劇場で声を聴くこともできましたし。…まあ、後者に関しては全く気づかなかったわけですが!


いつぞやのインタビューかラジオのゲストか忘れましたが、「デビュー時のような声は出せなくても…」というお話をされていたと記憶しています。宝石の国のラジオCDだったか。
先日『ARIA』を観て、15年前と変わらない藍華やん!と思ったので、そんな心配はいらないのではなかろうか、と思ったり。ルッキーニ出来てる時点で心配ないか。
本当にこころとかそのレベルの20代前半の声が出せない、ってことなのかもしれない。今になってあのタイプの役が回ってくることはあまりなさそうだしなー。


来週末は舞台挨拶のライビュで、更に来月はまどマギイベントの配信もあるということで、本当に何年ぶりに実際のお姿を拝見できるのがとても楽しみです。
このご時世で色々不便なことは増えたけど、配信で観られるチャンスが増えたことは地方民的には嬉しい。現地に行きたいものもあるので、そこは性質次第ですけど。
また1年、千和さんのご多幸とご活躍を心からお祈りすると共に、新しい名作に出会わせてくれることを願ってやみません。