適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

響け!ユーフォニアム 公式吹奏楽コンサート ~北宇治高校吹奏楽部 第5回定期演奏会 5周年記念公演~(昼の部)

f:id:kaitopoketto:20210418165519j:plain


去年中止になってしまったので、2年ぶりのコンサート。急な仕事で遅れてしまい、最初の1曲を聴き逃したのが懐かしい。
吹奏楽コンサートで席に関わらず12,500円はかなり強気な価格設定でしたが、まあ好きな作品なのでそういうのを気にしてはいけない。
実家に用があったので夜行バスでまず関西まで向かって、新大阪からこだまグリーンに乗り、正午くらいに名古屋に着きました。結構な雨だったな。
新大阪のわなかでたこ焼きを食べたのであまり重いものを食べる気にはなれず、駅ナカで山かけきしめん。手軽で美味しいからよく食べてしまう。
食べ終わったらそこそこ良い時間になったので、地下鉄に乗って会場へ。駅から若干距離あるから迷うかな、と思ったけど、人波についていくだけで大丈夫でした。
席は1階の後ろの方で、2階席前方の真下になるという結構なハズレ席。ただほぼ真ん中だったのと、通路側だったので観やすかったのはよかったです。

1.地獄のオルフェ
2.DREAM SOLISTER
3.暴れん坊将軍のテーマ
4.RYDEEN
5.愛を見つけた場所
6.サウンドスケープ
7.宝島
8.響け!ユーフォニアム
9.プロヴァンスの風
10.三日月の舞
11.Songbirds
12.リズと青い鳥
13.トゥッティ!ヴィヴァーチェ!(メドレー)


アンコール
14.トランペット吹きの休日
15.Blast!


太字にしたところはTRUEさんの歌唱があった曲。最高でした、って書いてしまったらそれで終わるんだけど、今回は演出が素晴らしかったですね。
演奏前にスクリーンにアニメの該当シーンが映り、あたかも北宇治が演奏しているかのような演出。コンクールの曲は暗闇で会話だけ流すところは特に良かったです。
『三日月の舞』、アニメの演奏しているシーンの映像と実際の演奏のタイミングがあまりにも合いすぎていて驚きました。相当練習したんだろうな…。


まるで高校の吹奏楽部員が演奏しているような演出だったのも手伝って、聴いていたらいつも以上に高校当時の思い出が蘇ってしまいました。
コンクール本番前、暗い舞台裏での静寂だったり、暑い講堂で合奏練習をしていたときの独特の匂いだったり、自パートの出番がない時に聴きながら待つ、あの「間」だったり。
地獄のオルフェみたいな体育祭向きの曲は屋外で演奏したし、文化祭用に暴れん坊将軍のテーマも演奏したし、トランペット吹きの休日も低音を刻んだし。遠い昔のことのようだ。


そして今回一番良かったのは『Songbirds』と『リズと青い鳥』かな。希美とみぞれ、特別好きというわけではないのですが、感情豊かな演奏に目頭が熱くなりました。
でもアンコール前のメドレーは、スクリーンに北宇治カルテットの4人の過去のイベント映像がずっと流れていたので、そっちを観るのに夢中で奏者を見る暇が全くなかった。
後ろの席だし「一応」持っていくか、と思って鞄に入れたオペラグラスが幕間のフリートーク含めて大活躍してくれました。髪を巻いてて可愛かったな。…本筋ではないですが!


久しぶりの演奏を聴けて単純に嬉しかったのもありますが、やはり関係者の方がこの作品への愛が深く、解像度が高いからこそ、今日のような素晴らしいイベントになったのかなと。
黒沢さん、夜の部では最後に「元気でいてね」と仰っていたらしいので、次があることに期待しつつ、日々を大事に、健康に生きていきたいですね。