適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

2010年代のTVアニメにおける年度別ベスト作品を選ぶ

友人のリツイートで、「#10年代アニメ各年ベスト10」という面白そうなタグを見かけたので便乗。年末にやってる話数単位で選ぶやつの年度版みたいな感じかな。
放送作品一覧を眺めて好きなのを並べればすぐ書けるかな?と思いきや、「1年1作品に絞る」というのが案外難しかった。放送年によっては、2つ以上好きな作品があるので悩ましい。
「年度を跨いでいる作品は放送開始年でカウント」「続編は別作品としてカウント」という方針のようなので、それに従いながら選んだらこんな感じになりました。

2010年:『バカとテストと召喚獣
2011年:『花咲くいろは
2012年:『アイカツ!(1stシーズン)』
2013年:『プリティーリズム・レインボーライブ
2014年:『ピンポン』
2015年:『Go!プリンセスプリキュア
2016年:『響け!ユーフォニアム2』
2017年:『月がきれい
2018年:『宇宙よりも遠い場所
2019年:『彼方のアストラ』


というわけで、以下は簡潔にコメントをつけながら、選ぶか迷った他作品についても挙げていこうと思います。

2010年:『バカとテストと召喚獣

不条理ギャグやパロディが特徴であるゼロ年代のシャフト作品の流れを汲んだ、大沼心監督による実質的な後継作品。
原作も好きで読んでましたが、Fクラスのメンバーのキャラが立っていて、コメディとしてのキレも良かったですね。


次点:『探偵オペラ ミルキィホームズ』 『屍鬼

2011年:『花咲くいろは

この年が一番迷ったかも。2011年は話題作が多すぎる。正直、中盤以降の展開とかのあれこれを今更挙げるまでもなく、粗の多い作品だと思うんですよね。
でも、劇場版まで含めて三世代の家族の繋がりを描き切ったこと、当時一番楽しんで観ていたことを加味したら、やっぱり2011年はこれかな。


次点:『TIGER & BUNNY』 『魔法少女まどか☆マギカ

2012年:『アイカツ!(1stシーズン)』

アイカツ!1stシーズン Blu-ray BOX1

アイカツ!1stシーズン Blu-ray BOX1

  • 発売日: 2014/11/05
  • メディア: Blu-ray

「私の女児アニメ観が変わった(岡崎郁)」作品。この50話に人生訓が詰まっているので、アイカツ!』を観ておけば幸せになれます。写真の右の子の声優さんも言ってたから間違いない。


次点:『てーきゅう』 『男子高校生の日常

2013年:『プリティーリズム・レインボーライブ

4クールに渡って展開される濃密な人間ドラマ、丁寧な掘り下げにより魅力的に描かれるライバルたち、多彩な楽曲、ハードな展開…。この尺で無駄な回が全くない。
とにかく全ての要素が高水準の怪作。好き嫌いを加味しなければ挙げた10作の中で一番かも。ハードすぎて休日の朝に相応しくないのが欠点といえば欠点か。


次点:『ゆゆ式』 『みなみけ ただいま

2014年:『ピンポン』

1クールとは思えない濃さ。努力だけでは才能には勝てない、というテーマはありがちですけど、そこから一歩踏み込んで、最後は「愛」だ、とする落とし方が好みだったのが一つ。
もう一つ好きなのは、コンやアクマなど、敗者への「愛」にも溢れている作品であるという点。終盤、物語のピントが、まるで鋭く回転するピン球のようにペコに合うのもテクニカルで良い。


次点:『月刊少女野崎くん』 『Wake Up, Girls!

2015年:『Go!プリンセスプリキュア

2015年も2011年並に難しかった。Goプリとユーフォとプレアデスから1つ選ぶとかいうこと自体がまず無理なんだよなあ。
「夢」は決して綺麗なだけではなく、代償もついてまわるのだ、ということ。そして、「絶望」と表裏一体の関係にある、ということ。
非常に訓話的で、ニチアサに相応しい作品だと思います。加えて戦闘シーンの作画も素晴らしい。自分が観たプリキュアシリーズの中では一番良く出来ていた。


次点:『響け!ユーフォニアム』 『放課後のプレアデス

2016年:『響け!ユーフォニアム2』

2015年にGoプリを持ってきたから2016年はユーフォに、と思ったら今度は『昭和元禄落語心中』が入らない。厳しい。
作品としてまとまりが良いのは初代だと思いますが、『2』を観ていて、学生時代に吹奏楽部で感じていた疑問への答えを見つけられた気がしたので。
吹奏楽部で全国を目指すこと、和を乱さないこと、受験との兼ね合い。誰しも抱える悩みがリアルに描かれている。『ユーフォ』は自分にとって、とても大切な作品です。


次点:『昭和元禄落語心中』 『斉木楠雄のΨ難』 『この素晴らしい世界に祝福を!

2017年:『月がきれい

この年は上半期がやたら忙しくて土日もろくに休めず、ノイローゼ気味で参っていたところ、この作品に癒されていました( ピュアな名作。
昨今のラブコメディもの特有のあざとさがない、非常にプリミティブな恋愛もの。観ていてふと我に返るとやるせない気分になってしまう。


次点:『メイド イン アビス』 『宝石の国

2018年:『宇宙よりも遠い場所

地味に2018年も悩ましかった。面白い作品が多い1年だった気がする。
女子高生4人が南極を目指すロードムービー。昨年末にも触れましたが、めぐっちゃんの存在によって、効果的に4人の「友情」が浮かび上がっていたように思います。


次点:『風が強く吹いている』 『やがて君になる

2019年:『彼方のアストラ』

彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻

彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻

  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: Blu-ray

上半期はあまり好みの作品がなかったけど、下半期は割と楽しめた感。まだ完結していない作品はあまり選びたくないですけど、『Dr.Stone』がめっちゃ面白いので悩ましい。今年1まである。
十五少年漂流記』『蝿の王』『バイファム』『リヴァイアス』みたいな少年少女の冒険譚が好きなので、例に漏れず、という感じ。暗すぎない展開、スベリ芸も含めて楽しい作品でした。


(2020/4追記)後追いで観た『この音とまれ!』が傑作だったので、2019年はこっちかもしれないな…。


次点:『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜

総括

大まかな好みとしては、「青春もの」が好きだなあ、という感じ。ゼロ年代はギャグものの方が好きだったんですけど、少しずつ好みが移り変わっていったかな。
次の10年もアニメオタクを続けてるんだろうか…って思うけど、まあこの10年変わらなかったんだから多分続けてる気がする( 来年からも名作に巡り会えますように。