適当な日常を綴る’

明朗・潑溂・無邪気なブログ

駅馬車 ★★★★★★★★☆☆

有名?だと思うインディアンの襲撃シーンは、当時アレをどうやって撮影したんだと思うくらいの迫力。死人出なかったのか…?

なぜ海野幸は魅力的なのか―『カッコウの許嫁』のアンバランスさ―

ヒロインが複数いるラブコメディで、一番好きなキャラがいわゆる「妹キャラ」だったことはありますか?私は多分、今まで1度もありませんでした。

2022年度夏クールアニメ総括1

今回書いた作品の中で面白かったのは『神クズ』と『邪神ちゃん(地方編除く)』でしょうか。

風の中の牝鷄 ★★★★★★★★☆☆

今作が珍しいなと思ったのは、そこまで裕福でない家庭を描いていること。小津作品って、結構上流階級というか、裕福な家庭を舞台にしているイメージだったので。

生き方

働きだしてから少し考えが変わったのですが「労働によって人格が涵養される」という主張はその通りだと思うし、そのためには、仕事を好きになるよう努力するしかない。

ロシュフォールの恋人たち ★★★★★★★☆☆☆

お洒落な雰囲気なのは分かるんですが、ストーリーはあまり面白くなかったかな。すれ違いが題材なのは少し『シェルブール』と似てるけど、群像劇なのでどれもあまり深掘りしない。

2022年・目標進捗(8月累計)

9月の目標は「節制」と「節約」ということで。

庵野秀明展

着いてみると、かなり人が多くて驚きました。県外ナンバーの車も割とあったし、結構集客力あるんだなあ。来週で終了だから駆け込み需要というのもありそうですが。

自省録

ストア派を代表するだけあって、書いてあることはとてもストイック。…語源だから当たり前なのですが。

カラダファクトリーに通った話

正直、結構な値段がしたのですが(2ヶ月通って数万円の出費)、やっぱり自分の体に関することをケチると、日常生活全てにデバフがかかるので、通ってよかったです。