適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

2020年度秋クールアニメ新番組

面白そうなのは『アクダマドライブ』『魔女の旅々』『ヒプマイ』『無能なナナ』『あにつけ4』『体操ザムライ』『憂国のモリアーティ』辺りでしょうか。

上田麗奈『リテラチュア』

今までの上田さんの曲って、独特の世界観というか、ある種の近寄り難さを纏っている印象だったのですが、どんどんポップというか、親しみやすくなっているような気がして。

続・ホットクック KN-HW10Eを買った話

近所に安い定食屋とかあればそもそも自炊とかする必要ないので、単身世帯については、環境的に外食が難しい人にはオススメできますね。

秋にして推しを想う

演者から、素晴らしい作品であったり楽曲であったりを受け取って、こちらの感性が涵養されていくことに喜びを感じる。むしろ、主体は演者というより作品の方にあるのかもしれない。

あゝひめゆりの塔 ★★★★★★★★☆☆

東映版と比較すると、ストーリー性が増しており、映画としては観やすくなっていると感じました。勿論、題材が題材なので、気軽に観られるというものではないですが…。

2020年度夏クールアニメ総括

面白かったのは『天晴爛漫!』と『放課後ていぼう日誌』かな。継続だと圧倒的に『ミュークルドリーミー』が面白い。秋クールは割と観るもの多そう。

太宰府天満宮観光

受験の年にはるばる北野天満宮まで初詣に行っておみくじをひいたら凶だったという経験をして以来、道真公はあまり信用していなかったのですが(?)、和解することにしました。(?)

楽市箱崎QMA大会80

店舗大会で打ち上げまで参加したのは本当に久しぶりだったので、とても楽しい1日でした。九州の皆様、どうもありがとうございました。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン ★★★★★★★★☆☆

時代が移り変わるごとに、手紙から電話へ、そしてメールへ、SNSへと手段は移り変わっていっても、想いを伝えるという本質は変わらない。

彼女、お借りします。

「レンタル彼女」というアウトフレームが強固すぎて、水原に関われないと蚊帳の外になりがちというか…。具体的に言うと、麻美ちゃんはもっと絡んでほしい。

クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 ★★★★★★★★★☆

ゲストキャラのユウマくん、いいキャラでしたねー。頼りになるし、貴重なツッコミ役だし。誰が演じてたのかな?

LAWSON presents 雨宮天ライブ2020 "Paint it, SKY" Online Live

『Fluegel』がやっぱり格好良くて好きなんですが、リード曲の『Queen no' cry』も良いし、『PARADOX』の可愛らしい感じも好きだし。

キ上の空論#13 脳ミソぐちゃぐちゃの、あわわわーで、褐色の汁が垂れる。@シアタートラム

終盤の大和と天音の独白とか、リョウちゃんの悲痛な叫びとか、熱量に圧倒されることもしばしばで。不器用な人々の不思議な日常を楽しませてもらいました。

マキノファーム9月の収穫祭・おうちで15(イチゴ)狩り

今回個人的に一番嬉しかったのは3曲目の『三月物語』でした。軽快なピアノアレンジもとても良かった。

広島小旅行(原爆ドーム・広島城)

今日はそこまで暑すぎず寒すぎず、少し風もあって最高に気持ち良い日でした。年中これくらいの気候なら過ごしやすいのに…。

石原夏織「Water Drop」

新曲だと、まず3曲目の『Water Front』が良いですね。特に、サビの最後でB♭から下がっていくところが聴いていて気持ちいい。

Disney Glitter Melodies

さて、牧野さんの『Let It Go』ですが、日本語バージョンはいつもの綺麗なファルセットが聴けて満足。May.Jのとかと比べると力強さは足りなく感じるけど(

ねらわれた学園 ★★★★★★★☆☆☆

どうもアイドル映画の嚆矢らしく、そういう観点で観れば、確かに薬師丸ひろ子のファンには満足のいく内容だったのかも。何故か家で和服姿だったのは気になりましたけど。

早見沙織『Garden』(と、発売記念生配信)

奇抜な曲や、印象的なパンチラインがあるわけでは(個人的には)ないと思うんですけど、優しい曲調で統一されていて、癒やされますね。

或る夜の出来事 ★★★★★★★★★☆

令嬢と新聞記者という身分違い(?)の恋、逃避行。80年以上前の作品ですが、『ローマの休日』に似た要素を感じる王道ラブコメ。

動物農場 ★★★★★★★★☆☆

結局、労働者とその利益を享受する者がいるという関係は今でも変わっていないわけで、デフォルメこそされていますが、社会の本質を描いた作品ですよね。

喜びも悲しみも幾歳月 ★★★★★★★★☆☆

「困難を夫婦二人で乗り越えていく」みたいなストーリーラインには、不適合者なのでイマイチ乗っていけず、というところでした。

長屋紳士録 ★★★★★★★★☆☆

もうちょっと時代が下った作品群のあのフォーマットではないにしろ、この時、既に家族の有り様と変化を描くというスタイルは確立されていたんだな、と。

ヲタクに恋は難しい ★★★★★★★☆☆☆

恋愛映画において「相手を理解しようとしてうまくいかずにすれ違う」という展開自体は王道ですが、そのアプローチがズレすぎてたのが結構面白かったですね。

日本沈没2020 ★★★★★★★★☆☆

この作品のすごいところは、先の展開の予測できなさと、異常なまでのスピード感。主要人物が脈絡もなくどんどん死んでいくんですよね。

TrySailのソロアルバムを聴き比べてみた話

前作『The Only BLUE』を以前にサブスクで聴いてみて割と良かったので、今回はちゃんと買おう、と思った次第。

HOUSE ハウス ★★★★★★★★☆☆

ピアノを弾いてたらピアノに指から食べられるシーンとか、子供の頃に観てたら間違いなくトラウマだったと思うけど、サイケな演出のせいで怖くないっていう。

『結婚滅亡』―人間社会の不適合者なので趣味に極振りしたいと思います―

1人で生きていることについて思うところは特にないのですが、友人が変わっていくのを見るのは、変わらない自分と否応なく対比してしまうので、少し寂しい面はあって。

サンゲームス下関杯FINAL

山口県民なので、京都府のことは詳しくないから難しいですね(T_T)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE @京セラドームの円盤(と、アーティストデビュー15周年記念配信)

あの7分間。あれを繰り返し観ることができるなら、自分に買わない選択肢はなかった。