適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

広島小旅行(原爆ドーム・広島城)

今日はそこまで暑すぎず寒すぎず、少し風もあって最高に気持ち良い日でした。年中これくらいの気候なら過ごしやすいのに…。

石原夏織「Water Drop」

新曲だと、まず3曲目の『Water Front』が良いですね。特に、サビの最後でB♭から下がっていくところが聴いていて気持ちいい。

Disney Glitter Melodies

さて、牧野さんの『Let It Go』ですが、日本語バージョンはいつもの綺麗なファルセットが聴けて満足。May.Jのとかと比べると力強さは足りなく感じるけど(

ねらわれた学園 ★★★★★★★☆☆☆

どうもアイドル映画の嚆矢らしく、そういう観点で観れば、確かに薬師丸ひろ子のファンには満足のいく内容だったのかも。何故か家で和服姿だったのは気になりましたけど。

早見沙織『Garden』(と、発売記念生配信)

奇抜な曲や、印象的なパンチラインがあるわけでは(個人的には)ないと思うんですけど、優しい曲調で統一されていて、癒やされますね。

或る夜の出来事 ★★★★★★★★★☆

令嬢と新聞記者という身分違い(?)の恋、逃避行。80年以上前の作品ですが、『ローマの休日』に似た要素を感じる王道ラブコメ。

動物農場 ★★★★★★★★☆☆

結局、労働者とその利益を享受する者がいるという関係は今でも変わっていないわけで、デフォルメこそされていますが、社会の本質を描いた作品ですよね。

喜びも悲しみも幾歳月 ★★★★★★★★☆☆

「困難を夫婦二人で乗り越えていく」みたいなストーリーラインには、不適合者なのでイマイチ乗っていけず、というところでした。

長屋紳士録 ★★★★★★★★☆☆

もうちょっと時代が下った作品群のあのフォーマットではないにしろ、この時、既に家族の有り様と変化を描くというスタイルは確立されていたんだな、と。

ヲタクに恋は難しい ★★★★★★★☆☆☆

恋愛映画において「相手を理解しようとしてうまくいかずにすれ違う」という展開自体は王道ですが、そのアプローチがズレすぎてたのが結構面白かったですね。

日本沈没2020 ★★★★★★★★☆☆

この作品のすごいところは、先の展開の予測できなさと、異常なまでのスピード感。主要人物が脈絡もなくどんどん死んでいくんですよね。

TrySailのソロアルバムを聴き比べてみた話

前作『The Only BLUE』を以前にサブスクで聴いてみて割と良かったので、今回はちゃんと買おう、と思った次第。

HOUSE ハウス ★★★★★★★★☆☆

ピアノを弾いてたらピアノに指から食べられるシーンとか、子供の頃に観てたら間違いなくトラウマだったと思うけど、サイケな演出のせいで怖くないっていう。

『結婚滅亡』―人間社会の不適合者なので趣味に極振りしたいと思います―

1人で生きていることについて思うところは特にないのですが、友人が変わっていくのを見るのは、変わらない自分と否応なく対比してしまうので、少し寂しい面はあって。

サンゲームス下関杯FINAL

山口県民なので、京都府のことは詳しくないから難しいですね(T_T)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE @京セラドームの円盤(と、アーティストデビュー15周年記念配信)

あの7分間。あれを繰り返し観ることができるなら、自分に買わない選択肢はなかった。

大分旅行2日目~別府編~

今年はまず休みがちゃんと取れるか不安でしたが、無事旅行には行けたし、行きたいところはそこそこ回れたし、おおむね満足のいく二日間でした。

大分旅行1日目~岡城址・大分市内編~

この土日で、大分県に旅行に行ってきました。

陸軍 ★★★★★★★★☆☆

今作を問題作足らしめているラストシーン。母が出征していく息子を見守る、という、展開を文字にすればただそれだけのことなのですが、圧倒されてしまいました…。

マイレージ、マイライフ ★★★★★★★★★★

学生時代の知り合いが以前に「一番好きな映画は『up in the air』」と言っていて、どんな映画だろう、と調べたことがあったので、気になっていた作品。

クイズマジックアカデミー 輝望の刻(声優・吹き替え検定)

3時間半くらいプレーしたところで、ようやく自分が解ける高配点の問題が続き、目標の5000点超え、全国2位のスコアを出すことができました。

胡蝶綺 〜若き信長〜 ★★★★★★★★☆☆

無知故全く知らなかったのですが、胡蝶については未だに謎も多いんだとか。 そこを逆手に取り、実は胡蝶の正体は…と展開していくストーリーは面白く、惹き込まれました。

日本の悲劇 ★★★★★★★★★★

木下監督の代表作は『二十四の瞳』なのかもしれないけど、今まで観た10作弱の中では間違いなく一番の傑作でした。

2020年度夏クールアニメ新番組

継続を除けば『富豪刑事』『ていぼう』『宇崎ちゃん』はそこそこ楽しみだけど、今期はあんまり好みの作品がないので、視聴モチベーション自体も下がっているのが現状…。

楢山節考(1958年版) ★★★★★★★★☆☆

セット調であることを利用した場面の切り替えが上手くて面白かったです。今作に関してはカラーだったのが良かった。木下作品って割と意欲的ですけど、明暗の使い分けが上手い。

人体のサバイバル!/がんばれいわ!!ロボコン ★★★★★★★★☆☆

終始ツッコミどころしかないけど、面白かったのは間違いない映画でした。…ちょっと人類には早すぎただけで。

黒沢ともよトークライブ(と、アイマス15周年生配信のアーカイブ)

無病息災であってほしいのは勿論ですが、やはり芸が観たいので、こうして試行錯誤しながら色々ファンとコミュニケーションをとってくれるのは嬉しいですね。

エデンの東 ★★★★★★★★★☆

もし愛情を受けて育っていれば、誕生日プレゼントに札束をラッピングして渡す、なんて下品な考えはしなかったろうと思うと、それも悲しい。

おもひでぽろぽろ ★★★★★★★★☆☆

自然と人間の共同作業が田舎だ、というトシオの論は興味深く、これを90年代前半に盛り込んであるというのは、かなり先進性を感じますね。

実況パワフルプロ野球 25周年記念コンサート(Blu-ray)

数多の名場面の中から、ここを切り抜いた制作スタッフには本当に感謝したい。