適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

人情紙風船 ★★★★★★★★★☆

オープニングの首吊りがラストの心中につながっていく構成といい、タイトルになっている紙風船が印象的に二度使われる様子といい、これを20代で撮ったのは確かに天才ですね。

牧野由依さんお誕生日おめでとうございます

牧野さんの35歳の1年が素敵なものになるようお祈りするとともに、今年も陰ながら応援していくつもりです。

2020年度秋クールアニメ総括

繁忙期も抜けたことだし、また上がってきたら少しずつ過去作も観ていきたいですね。

ジョゼと虎と魚たち ★★★★★★★★☆☆

障碍者の気持ちなんて土台理解し得ないわけで(そもそも幼少時から足が不自由だったなら尚更)、それでも、どのようにジョゼと関わっていくか、が問題ではないのか。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Broadcast & LIVE Happy New Yell !!! DAY2(配信)

配信でも参加できる要素があり、ある程度双方向のライブになっていたのが良かったですね。制限は多いけど、擬似的な現地ライブではあった。

瀬戸内杯III

また大会が開かれるような情勢になれば、各地に遊びに行きたいと思うので、よろしくお願いいたします。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Broadcast & LIVE Happy New Yell !!! DAY1(配信)

配信ライブでも、劇場のライブビューイングかそれ以上には楽しめました。やっぱりこのコンテンツは強い。様々な面で、物量は正義だと感じる。

劇場版ポケットモンスター ココ ★★★★★★★★★☆

純粋に親子の絆の尊さを描いているということなんでしょうけど、特に「親になるということは、自分より大切なものができるってことなんだ」という帰結は独身趣味人には辛かった。

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!

「ガンバレ人類」とかいうサブタイトルの割に、正月休みに観るのは結構しんどかったというのが正直な感想。日曜日に観なくてよかった…。

姪が生まれた話

昨年の11月に、妹に子供が生まれました。女の子でした。

2021年明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

2020年総括

多分ほとんどの人がこれを読むのは来年だと思いますが、来年もよろしくお願いいたします。

2020年総括(イベント編)

やっぱり現地の感動には及ばないよなー、と現地に行って思ったのも事実。来年は少しでも早く、また色々イベントができるようになるといいですね。

第3回全国大会 クラブカップ

アイテム以上に、自分のセレクトの当たらなさを痛感した全国でもありました。ビハインドしすぎる。

Hayami Saori STREAMING LIVE"glimmer of hope"

CDより生歌のほうが上手いってなんなんだ、というのもいつも書いてるな…。でも声の出し方が本当に好きなんだよなあ。

話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選

昨年分で新米小僧さんによる集計は最後、という話だったのですが、あくまでも集計は副次的なものだと思うので、気にせず今年も書いていきます。

新解釈・三國志 ★★★★★★★★☆☆

佐藤二朗は完全にいつもの佐藤二朗で安心しました。もはや福田雄一作品を観る目的の一つになっている。

2020年萌えキャラ10選

黒髪ロングも金髪もいるし、割と学生時代に原点回帰した感がある。クール毎に見たら秋が強かったかな。

2020年総括(クイズマジックアカデミー編)

地道に続けていくつもりではいるので、よろしくお願いします。

MOTHERのことば。

「ストリップげきじょう」が「れいのみせ」になってるとか、病院で治療を断ったら「しんでしまいなさい」って言われるのが修正されてたりとか。

はるか、ノスタルジィ ★★★★★★★★☆☆

おそらく、大林監督は少女というものへの憧れみたいなものがあって、それをフィルムに収めているのかな、と何作か観てきて思ったのですが、今作はその極致でしたね。

グッド・イブニング・スクール

人生は自分が楽しんで生きていかなければならない。主題はストレートな応援歌だったけど、自分の人生哲学にも合致する、とても気持ちの良い公演でした。

仁義なき戦い 完結篇 ★★★★★★★★☆☆

かつての若いヤクザ達が出世して年をとった結果、昔を知らない若衆たちに突き上げをくらうのは寂しいですね。江田とか、結構しぶとく生きてたのになあ。

青春デンデケデケデケ ★★★★★★★★★☆

ド直球の青春物語なのですが、そこがとても良い。こういうのでいいんだよ、と言いたくなるような青春ムービー。

仁義なき戦い 頂上作戦 ★★★★★★★★★☆

山守が逮捕されたり、大友勝利が年をとって爺さんになってたりするのが時代の流れを感じるし、こういう無常感もやっぱり三国志演義チックだよなあ、と。

異人たちとの夏 ★★★★★★★★★☆

自分も大概好き放題に楽しく生きている身ですが、もし、今後親を喪ってからこの映画を観たら…いや、辛くて観られないかもしれないな…。

仁義なき戦い 代理戦争 ★★★★★★★★★★

前作の『広島死闘篇』とはまた毛色が変わって、ヤクザ同志の思惑渦巻く戦いの様子が存分に描写されていてとても面白かったです。

岩国観光(錦帯橋・岩国城)

割と短時間で回れた割にはそこそこ面白かったので、コスパは結構良かったように思います。夏も花火大会をやってるらしいし、1年どの季節に来ても楽しめそう。

ラストレター ★★★★★★★★★☆

学生時代には「無限の可能性」があったわけで、それと現在を比べたら、もちろん叶わなかったことは多い。あまりこういう主題が刺さってしまうと加齢を感じて悲しいけど(

「セブン-イレブン presents ひだかくま」

火曜23時という、そろそろ寝る準備をして明日に備えようかな…という時に、リラックスしながら聴くにはとても良い時間帯であることもプラスポイント。