適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

第1回京大入試実戦模試

あの時期に受けたというのを考えても相当悪いなこれ…これくらい悪い方が危機感を持てるとポジティブに考えることにします(

科目 得点 平均点 順位 偏差値
英語 56/150点 50.6点 1135/2769人 52.5
数学 43/150点 41.2点 1085/2763人 50.8
国語 47/150点 44.5点 1108/2763人 52.0
世界史 58/100点 42.4点 269/1202人 58.0
合計 175点/500点 160.8点 990/2715人 53.0

京都大学法学部 D判定

良かったこと

・足を引っ張りまくってた英語がようやく平均点レベルまで…まぁ英作の27点で半分くらい稼いでるんですが(
・現代文は可もなく不可もなくな感じだったので次はもう少しいい点数を取りたいです

反省点

リンカーンの和訳にあんなに時間をかけたのに5点とか…これは2番をゆっくり解いた方がよかったんじゃね?
・数学1完…というか今回の模試の反省点はこれに尽きる気がします。微積とベクトルが穴すぎる
・古典が6点しかないとか悪すぎるw主語とか助動詞とか敬語がまず完璧に分かってないのが致命的なんでしょうね(
・世界史は記述がボロボロでした。あとはいつものことですが中国史の漢字をもう少し正確にしないと(
しかし英語が危ないと思って数学放置しすぎたかもしれないなぁ…とりあえず問題解くしかないんでしょうか(