適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

天国にいちばん近い島 ★★★★★★★☆☆☆

天国にいちばん近い島

天国にいちばん近い島

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video


「私がみつけた、愛と夢をあげる。」 なぜだか、はじめてなのに、なつかしいの。今、確かめなければ、きっと後悔してしまう。
天国にいちばん近い島>を確めるために16歳の冬休みにニューカレドニアに旅立った少女、万里。
そこで出会うさまざまな出来事を通して、少女が見つけるものは、何か。南太平洋の美しい島とサザンクロスの下で描かれる、ファンタジックな物語。


大林作品を観ていこうシリーズの一環。流石に名前くらいは知ってたけど、それだけですね。原作は森村桂(クイズ脳)。
亡くなった父が生前に話していたニューカレドニアのことが気になっていた主人公の万里は、冬休みに一人でニューカレドニアに出かけることに…。
…という、なんか設定からちょっと無理がある上に、特にストーリーがあるわけでもない。典型的アイドル映画でしたね。ファン以外が観るものではない気がする(
「人を好きになるということ」みたいなテーマは一応あるにはあったけど、正直あんまり深みは感じられなかったなあ。言葉の価値がペラい(烏丸千歳)。


ただ、ニューカレドニアの風景美はこれでもかというくらいに描かれており、今作の特長はむしろこのロードムービー性にあるのかも、と思いました。
海外旅行ってご時世ではなくなってしまったけど、沖縄くらいには行きたいですね。…一人旅行で夏の沖縄、なかなか精神的なハードル高そうですけどね。