適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

SOUL'd OUTとかラップ系のアニソンとかの話(適当)

Single Collection

Single Collection

  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード


この週末、急にSOUL'd OUTを聴きたい欲が出てきて、移動中にほぼずっと再生してました。たまにヒップホップが聴きたくなる時期ってあるんですよね。あるあるなんだろうか。
SOUL'd OUTは代表曲が大体このカロリーメイトメープル味みたいな色合いのアルバムに入ってるので、これを聴いておけば割と満足度が高い気がする。
あと『GASOLINE』とか『COZMIC TRAVEL』とか。やたら青臭くてダサい歌詞と、意味はよくわからないけど格好良い高速ラップ。謎の中毒性。チキンラーメンみたいなグループ。


オタクなのでアニソンの話をしますが、思い返せばラップ要素のあるアニソンも結構リピートしてしまうことが多いような。耳に残りやすいからかな?
というわけで、いつぞやの3拍子のアニソンの時みたいに、思いついたものをいくつか挙げていこうかな。動画が見当たらなくて貼れないものが多いのが残念ですけど。
当時はアニソンであることを知らなかったけど『ココロオドル』は大好きで、MDプレイヤーに入れてずっと聴いてました。MDっていうところに時代を感じてしまう。


kaitopoketto.hatenablog.com



『スクールランブル』 ED 『School Rumble 4 Ever』


このわちゃわちゃしたスクラン感が良い。確か八雲役の能登さんも歌ってるバージョンが漫画の特典かなんかであった気がする。たぶん実家の押し入れのダンボールに眠ってますね。



『苺ましまろ』 キャラクターソング 『おさんぽ協奏曲』


折笠富美子さん演じるアホの子好きすぎる。ちぃちゃんとも迷いますが、やっぱりましまろは美羽。ちなみに決してロリコンではありません。でも良い曲だ。



『らき☆すた』 OP 『もってけ!セーラーふく』


流石にこれは外せないだろう、ということで。何を食べたらこの歌詞が頭から出てくるんでしょうかね?



『家庭教師ヒットマンREBORN!』 OP 『DIVE TO WORLD』


当時めっちゃハマって延々聴いていた気がする。勢いがあって良い。



『ひぐらしのなく頃に』キャラクターソング 『圭一・大石の噂の事件簿ABC』


これ当時ちょっと流行りましたよね。何故こんな曲作ろうと思ったのか謎すぎる。歌詞のセンスが病気。ドゥーユーノーオヤシロサマ?イエス・ヒナミザワ!ってなんやねん。



『化物語』 OP 『恋愛サーキュレーション』


この頃は重度の花澤病患者だったので、ワイも照井君のように聴きまくってました。歌唱力がアレだった当時のざーさんにラップを歌わせるという発想、天才的。



『みつどもえ』 キャラクターソング 『ありがたく思いなさいよねっ!!』


「うるさいわねこの童貞!しょっぱい人生送ってんでしょ?何考えてんのよこのバカ!三回回ってワンって言いなさいよ~!」
ホンマ好き。杉崎とのデュエットも好き。



『ぬらりひょんの孫』 OP 『Sunshine』


何も考えずにカラオケで入れてみたら当然歌えなくて悲しい気持ちになった思い出の曲。



『輪廻のラグランジェ season2』 ED 『ジャージ部魂!』


『アフロ軍曹』『ナムルの純真』『やっちゃおうよ!』とか、そしてこれとか。ダンス☆マンの曲は変な中毒性がある。「3人は同志だから!」



『ハイスクール・フリート』 挿入歌(?) 『航海科 航海ラップ』


わたし航海航海後悔中!…当時は「ヤバいクスリでもキメながら脚本書いてるのかな…」って思いました。今見てもやっぱりそう思う。



…とまあ、とりあえずアニソンっぽいものを意識して10曲。例によってオタクカ(ちから)が落ちているので最近の曲がよく分からない。見返してみると大分世代偏ってるな…。
ずっと聴いてると胃もたれしますが、たまに聴いてみると結構ハマる、そんなイメージ。…以上、TV観て家でボーッとしてるだけのBabyでした。得意じゃないけどしゃがんでおきますか。