適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

実況パワフルプロ野球 25周年記念コンサート(Blu-ray)


パワプロで遊んでたらまた聴きたくなってきたので買うことに。同じ考えのオタクが多かったのかどこのサイトでも売り切れで、片っ端から見て回って何とか最後の1つっぽいものが買えました。
今見たらAmazonでは定価の倍以上の価格になってるし、タイミング的にはギリギリでしたね。定価以上を払うのはアホらしいけど、熱が高まった今聴きたいというジレンマ。


kaitopoketto.hatenablog.com


折角だし、聴きに行った時の感想も貼っとこう。去年色々参加したイベントの中でも、個人的にはトップクラスの満足度でした。今回収録されてるのは東京公演なので違いも楽しめるかな、とか。


f:id:kaitopoketto:20200728002723j:plain


まずは真っ先にパワポケメドレーを聴き直しました。やっぱりオケが演奏してる上で武美BADが流れてるのがシュールすぎる。作中屈指の名場面なのは間違いなんですけどね。
『しんみり子』、歴代BGMの中でもかなりの人気曲ですけど、ファンのイメージとしては武美か、紫杏なんでしょうか。個人的には『9』だと維織、『10』だとさらのイメージも強いですね。
当時も書きましたが、あれだけ人気曲・名曲がある中でこれだけ人気曲を詰め込んだのは素晴らしい。モグラーズ厨としては『2』『5』『8』『11』が全部ハブられてたのは悲しかったですがw
あとは裏サクセスもしあわせ島以外はなかったし、尺の都合上仕方ないけどもっと聴きたかったなー。裏限定でメドレーとか余裕で作れそうだし。やってくれたら5桁でも余裕で払うわ。


そういえば当時『6』が好きな人が企画者にいたんだろうな、って書いたんですが、今観返したら最後のアルバムが流れる演出、天本さん、タマちゃん、愛、マオ、武美、なおさら…と
人気キャラのオンパレードの中に、何故かカビンダのアルバムが入ってることに気づく。やっぱり『6』好きなんだろうなーwそこはほるひすとか鈴音じゃないんかい、と。選出が渋すぎる。


パワポケの話はこれくらいにして、サクセスシネマコンサートの企画、良かったですよね。笑いどころも入れてあるのが心憎い。東京公演でも「野球人生の終わり」は笑い声起きてましたね。
あのシリーズはあまりやってないので『6』だったらもっと感情移入できたかも…とは思いますが、その分試合曲メドレーがあったしな。あのメドレーも青春ド真ん中だったので最高でした。
これ指摘してる人見たことない気がするんですけど、『11』の試合曲って『パワポケ9』の「She I」に似てますよね。というか「She I」がパワポケというよりパワプロっぽい、という印象。


ブラバン企画、東京では八王子高等学校でしたね。すごく綺麗に揃ってて、単純に上手かった。やっぱり強豪校の吹奏楽は良いですね。コンサート、久しぶりに行きたい…。
曲が伝説最強戦くらいしか分からないのが老害の辛いところではありますが。そして今の高校生が伝説最強戦で応援されても何の曲か分からんやろ、というのもw


パワプロアプリメドレーも、あのコンサートが終わってからyoutubeで色々聴いたので、当時より楽しめた気がします。パワフェスでキャラに触れたのもありますけど。
でも、あかつき大付属のBGMが聴けたのは良かったなあ。レジェンドの先輩たちが好きすぎる。当時のサクセス、1人作るのに今の倍近くの時間かかってたし、今は無理だろうな…。
もう少しコラボが早ければ、パワポケ4の試合アレンジとか聴けたりしたのだろうか…。やっぱり第2回か、音楽館か、大全2を出してもらうしかない、ってずっと言ってるやつ。


ボーカル曲は『Tomorrow』と『PRIDE』が好きだったので、両方聴けてよかった。Tomorrowはダブルアンコールだったので、聴けないと思ってただけに尚更。
あのオープニングムービー、好きでよく観てたなあ。当時はあれを作ってるのが京都アニメーションだったとは全く知らず…。


f:id:kaitopoketto:20200728002719j:plain


最後に、自分が『パワポケ』シリーズで一番好きなキャラクターと、一番好きなセリフ。まさか出てくるとは思わなかったので、当時は本当に驚くと同時に嬉しかったですね。
数多の名場面の中から、ここを切り抜いた制作スタッフには本当に感謝したい。まあ、『11』での仕打ちはマジで許せねえよ…と思いましたけど。そりゃ幸せになれるキャラじゃないけどさ…。