適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

石原夏織「Water Drop」

石原夏織 2ndアルバム「Water Drop」[通常盤]

石原夏織 2ndアルバム「Water Drop」[通常盤]

  • アーティスト:石原夏織
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: CD


サブスクの配信が開始されていたので聴きました。何枚も積んでる界隈の人たちの誰かに1枚貰おうと思ってたけど、配信のほうが早かったですね。


『Face to Face』、改めて聴いてみると、爽やかさの中にどこか寂しさを感じるような。なんとも味のある1曲。
新曲だと、まず3曲目の『Water Front』が良いですね。特に、サビの最後でB♭から下がっていくところが聴いていて気持ちいい。
そういえば、今までソロでこういう曲調のものってあまりなかったような?アニメではこういう悲恋キャラは十八番だけど。
次の『夜とワンダーランド』も、ピアノで聴かせるところとギターの疾走感がうまくマッチしていて、綺麗な高音が聴きやすい。


後半、『キミしきる』は声を堪能できるバラードでしたね。本当にこの人、声が好きなんだよな…。声優アーティストにとってかなり重要なポイント。
そして次の『Diorama-Drama』がすごく良い。新曲の中だと『Water Front』と2強かも。今までとはまた少し違ったダンサブルな曲。
サビ前からブラスが入ってきて賑やかになるのが好きですね。これ、ライブだとどういう振り付けになるんだろうか。
そこからの『TEMPEST』も…というか、新曲の縛りを外せば『TEMPEST』が一番好きかも、くらいだし、やっぱり名曲ですね。…何かタイアップもあったんだっけ??
リード曲っぽいのにかなり後ろの方にあった『SUMMER DROP』は、直球のサマーソング。最後の『Page Flip』は…なんか、オタクが好きそうな歌詞でしたね(言い方)。


石原さん、ファーストアルバムから既に完成度が高かった中、2枚目は1枚目とはまた違う曲調ながら、自身の持ち味をしっかり活かしている、という印象。
今期は何か出てたっけ、と一瞬思ったけど、ファンユニオンだった…。何気に今年は石原さんの出ている新規タイトルは偶然にも全部見ているかもしれない。11月のシングルも楽しみですね。