適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

劇場版『SHIROBAKO』 ★★★★★★★★★☆

遊びに行くついでに観る予定にしてたんですが、色々と中止になったので近場で。


f:id:kaitopoketto:20200301230527j:plain


色紙はみゃーもりと宮井さん。一番普通(?)のやつでしたね。タローと平岡君のやつとか割と攻めてそう。


kaitopoketto.hatenablog.com


TVアニメ版の感想。概して良い作品だと思ったのですが、大きく言うと不満点が2個あって。
まず「エピソードごとがまとまっているが故に繋がりが薄く、あまり次回を観ようと思えない」こと、もう1つは「明らかに物語の進行上障害になるためのヘイト用キャラがいる」こと。
1つ目に関しては劇場版であれば関係のない話だし、2つ目も流石に同じようなあからさまな展開にはならないだろう、と思ったので、割と劇場版に対する期待度は高かったです。


第三飛行少女隊』を制作してから4年後の武蔵野アニメーションが舞台。公開まで1年を切っているオリジナルの劇場作品を公開するため、宮森以下みんなが奮闘する…という流れ。
テーマがテーマなので仕方ないですが、やっていることはTV版と基本的には同じでしたね。違うのは、当時とはアニメ業界が、そしてムサニを取り巻く環境が様変わりしていること。
冒頭、宮森が第三飛行少女隊の2期を確認しようと会議室の扉を開け、かつての仲間とみんなでワイワイしている…のが幻想だった時の衝撃。そうくるのか、という驚きがありました。
トラブルでオリジナル作品が立ち消えになり、下請けに甘んじるようになり、かつての社員も大部分が抜けてしまったムサニ。そこに舞い込んでくるオリジナル劇場アニメ制作の話。


丸川「前」社長から「好きなだけじゃ駄目だ、それだけだと遅かれ早かれ必ず挫折する」と厳しいアドバイスを受ける宮森。そして突然始まる謎のミュージカル。思ったより尺も長い。
そこで立ち直ってから、徐々に4年前のメンバーに声をかけていき、監督、井口さん、ゴスロリ様、遠藤さん、タロー…と集結していくのは激アツでしたね。オタクはみんなこういう展開が大好き。
遠藤さんは流石にクズすぎやろ…ってなりましたが、嫁が天使で良かったなという…。いつの間にか下柳さんとも仲良くなってたし、4年という歳月がプラスに働いている例なんでしょうね。


TVアニメ版が2クールで様々なキャラクターの成長を描いていたのと比べると、この劇場版には成長という軸はあまりなかったですね。りーちゃんとかむしろ空白期間にめっちゃ成長してるし。
そうではなくて、成長したかつてのムサニのみんなが、更に4年経って、新たな困難にどう立ち向かうか。そこを割と真摯に描いていたと思うので、観ていて楽しかったし、頼もしかった。
宮森はTVアニメの時から割と超人でしたけど、今回も挫折するかと思いきやほとんど自分一人で立ち直って完璧に立ち回るし、やっぱり超人でしたね。
完成させないと意味がない」という、一番重要なところを繰り返し伝える実直さが好印象でした。最後が物足りないから直させてくれ、と拘るところも含めて。
そしてそこまで拘った完成作品が、じゃあ劇的に良くなったのかと言われると…?なのも、ものづくりってそういうものなんだろうな、と思わされたりして。


TVアニメ版は、アニメを作っているシーンこそ多かったけど、完成したものが実際に流れるシーンがあまりなかったので、そういう意味では劇場版のほうが説得力があったと思います。
それにしても尺長いなwとは思いましたけど、やっぱり完成形が見たいですからね。下手したらというか、間違いなく劇中劇(と妄想シーン)が一番動いてて笑いました。


メッセージ性を感じられてとても良かったんですが、新キャラがほぼ空気で、出した意味ある…?って感じだったのと、この内容なら1クールくらいでも出来そう、とも思ったりして。
あまり次回作とかあっても同じような展開をなぞることになると思うので、これが一番の形かな、とは思うんですけど、もう少しこの世界を見ていたい。そう思ってしまう作品でした。