適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

瀬戸内杯III

大会日記は10月以来かな?まあ出てないから当たり前なんですけどね。今日はアイビス岡山で開催された瀬戸内杯に参加してきました。
時期が時期だし、普通の大会ならスルーしていたところですが、閉店前最後の大会ということで、やはり行っておきたいな、と。何だかんだでこの2年で5回以上はお邪魔してますしね。

当日まで

毎年のことですが、年末年始と年度の変わり目は繁忙期。かつてこの時期にあった賢竜杯の参加を断念したくらいには、この日程の大会に出るのは厳しいんですよね。
ただ、今年は働き方改革で極力休日出勤しないように言われていたので、3連休の中日は流石に大丈夫だろう、と。前日夜までに岡山入りし、当日予選に参加することにしました。
他地方から多人数がこの時期に集まるリスクは警戒すべきだろうと判断し、アフターは泣く泣く諦めて本戦だけ。…まあ、一番の理由は翌日仕事の可能性もあるからですけど。
前日は警報が出るくらいの大雪で、新幹線が動かなかったらキャンセルするしかないな…と思っていたので、なんとかたどり着けて一安心でした。大分徐行してたけど。
時間があれば少しはプレーしておきたかったので、新倉敷に宿を取り、ファンタジスタで2時間くらいプレー。プレミアムプレー、割高な割にあんまり新問引かなかったな…。


f:id:kaitopoketto:20210109204529j:plain


お店の近くにあった和食のお店で食べた定食の写真でも貼っとこ。刺身と天ぷら、あら汁が美味しかったです。


大会自体の準備については、昨年の下半期からの「大会は考慮せず、総合力の向上を念頭にプレーする」という方針は変えていないので、これといった対策はせず。
とはいえ、流石に全くのノーガード戦法というのもどうかと思ったので、いつものスポーツ順番当てと芸能連想だけは見直しておこうと、スポーツ順番当ては行きの新幹線で一通り復習。
芸能連想は、当初は夕方の「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Broadcast & LIVE Happy New Yell !!! DAY1」を観終わったら見直してから寝るつもりにしていました。
…が、ライブの余韻が予想以上で、終演後にクイズの問題を見直す気力はなく。夕食と風呂を済ませて日付が変わる前に寝てしまったので、当日朝と移動時間に今作の新問だけ復習。
ランダムで封鎖されるというルールのため、1回戦は全力で、決定戦は運良く投げられるものを、以外に戦略の立てようもないし。予選の2位抜けで負けるくらい流れがない日なら諦める。
目標…は広域大会では大体そうですが、今回も同じくファイナリスト。あとは毎回300点くらい取れたら良いなあ、くらい。…それくらい安定していれば決勝まで残れそうではありますが。

当日予選1回戦 LIUSPUSCさん(社会エフェクト)・カイト(スポーツ順番当て)・ひうらみはてさん(芸能タイピング)・ダミー(ノンジャンルランダム)

初戦はサヌコレさんとホドラムさんとの3人対戦。オールフリーだし、スポ順を曲げる必要もないと判断したのでスポ順。…久しぶりの大会、1試合目は今でもやっぱり緊張しますね。
社エフェは「向洋」を「こうよう」って答えて単独不正解。ホドラムさんも1問間違えてサヌコレさんが1歩リード。スポ順は2問くらい刺さる普通の引きで、ここで目論見通り1位に。
芸タイは『I LOVE ○○○のどうぶつ園』で単独不正解、「ジャニーズアイランド」がホドラムさんの単独正解。ここでサヌコレさんが自分以上に後退したので2位はいけそうな感触。
ノンランは全部当てたから覚えてないけど、最後の新潟県を押す四択を単独正解した気がする。新潟県のプレイヤーも来られていれば良かったんですけどね…。



f:id:kaitopoketto:20210110131239j:plainf:id:kaitopoketto:20210110131244j:plain



1位。珍しくノンランで後退しなかった。惜敗でサヌコレさんも通過したので、この組は3人全員決定戦進出でした。


当日予選決定戦 もすかアルティナさん(野球)・カイト(スポーツ順番当て)・ひうらみはてさん(芸能タイピング)・ダミー(ノンジャンルランダム)

決定戦のルールは「1回戦で奇数回使用されたジャンル・形式が封鎖」というルールだったので、武器が使えるようお祈りしていました。
結果、使用可能ジャンルは「アニゲ・スポーツ・芸能」、使用可能形式は「○×・並べ替え・文字パネル・スロット・タイピング・順番当て・線結び・グループ分け・サブジャンル・ランダム」に。


理系学問以外でもすかアルティナさんが何を投げるのか全然予想できなかったのですが、幸い自分はスポ順が投げられたので迷わずスポ順で。2連続スポ順。
野球は「2020年のヤクルトの最優秀中継ぎは○○昇?」が全滅で、残りは全員全答。スポ順は最初3問連続で単独正解。残りも相撲にテニスで、危うく間違えるところだったので安全運転。
芸タイは「金大中事件を題材にした日韓合作の映画は○○?」がホドラムさんの単独正解。残りはタイムラインに流れてたのをたまたま見ていた新問含めて5問拾えたので上々。
ノンランは覚えてませんが、また全問正解してるし多分簡単だったはず。なんか今日ノンラン全問正解してるけど、100回くらい大会出てて複数回全答は多分今回が初めてなのでは…。



f:id:kaitopoketto:20210110145043j:plainf:id:kaitopoketto:20210110145046j:plain



1位。スポ順で全員に60~70点差くらいつけたので、完全にそこだけで勝負が決まってしまった。無事に本戦に出場できて一安心。


本戦予選前半戦 わたがしくんさん(理系学問四択)・ラクウェルさん(スポーツ連想)・ひうらみはてさん(芸能タイピング)・カイト(スポーツ順番当て)

ここからは予選2試合の惜敗率合計で20→8に。前半はオールフリーなので、スポ順で問題ないだろうと。3連続スポ順。九州・関西・北海道・中国の地方対抗戦。
理系学問四択は「髪の毛の寿命は何年?→5年」で単独不正解、「眼球の運動を司るのはどこ?→中脳」で少数不正解していきなり2問ビハインド。一生できない形式。
スポ連はデニス・ビールマンとか末次慎吾とか、最後まで見たら分かるレベルの問題だったので安全運転して全問正解。スピード差を取られたくらいで済んで一安心。
芸タイは「2020年にNEWSから脱退した俳優は?」を何故か「やましたともひさ」と即答して誤答。他の2人も「にしきどりょう」とか答えてて間違えてたし、半年前のことなのに…。
スポ順が刺さらないと怪しい、という状況で、4サテは本当に嫌でしたが、幸いまた全員に2~3問くらい差をつけ、自分は即答したので一気にひっくり返せました。



f:id:kaitopoketto:20210110202707j:plainf:id:kaitopoketto:20210110202716j:plain



1位。多少のイージーミスを帳消しにしてくれるスポ順便利すぎる。自選の引きだけ男。


本戦予選後半戦 カイト(スポーツエフェクト)・JUGOさん(スポーツ連想)・ザナホリアさん(ライフスタイル順番当て)・ブレイヴラブさん(芸能グループ分け)

称号しかいない組に放り込まれる。後半はクジを引き、書いてあるジャンルか形式しか投げられないという善通寺方式。自分の引いたクジは「サッカー」。…ハズレすぎる。
完全同一は禁止なので、スポ順以外のスポーツか、サブジャンル2。…何も投げるものがない。まず、りきしさんに音楽、JUGOさんにサッカーは投げたくない。
かと言って、漫ノベ、ホビー、政経、美文、生物で先着できるビジョンもない。惜敗合計なので、最適解はスポーツ並べ替えEASYなのですが、ポリシーに反するので投げたくない。
悩んだ結果、スポエフェを投げて、捻らずにそのまま読んで回答していくことにしました。他の人の試合を見ててもほぼ分かったし、単独不正解とかは流石にしないだろう、と。


そのスポエフェの1問目、「五十幡亮汰」が思い出せずにいきなり少数不正解。その後は全問読むだけだったのですが、大分慎重になってしまい、いきなりビハインド。
スポ連はヴェルマーレンで少数正解、嘉弥真新也が全滅。というかそもそも名前自体を初めて聞いた…。残りは当てましたが、島田源太郎とかギリギリまで悩んだので大分削られる。
ライ順は初見の成語、ベータマックス→レーザー→8mmの3肢固定、NTTの3桁番号サービス、マクドナルドのメニュー発売順で4ミスと大炎上しお通夜状態。真ん中2つは当てないと…。
ビハインドを取り返そうと芸グルを速めに答えてたら、ジュラシック・パークスタンド・バイ・ミーの原作者を逆にして単独不正解。観ている洋画問を外すのは精神的にも結構辛かった。



f:id:kaitopoketto:20210110202711j:plainf:id:kaitopoketto:20210110202731j:plain



4位。動揺するあまり、結果画面を連打して飛ばしかけたので全員の点数がちゃんと撮れてない。自選が投げられないと勝負にならないタイプのプレーヤーなのでめっちゃ弱かった…。



惜敗率の合計は184.5で、20人中8位。最後の1枠でギリギリ準決勝に進出できました。9位のDNPさんが184.2だったので、本当に首の皮一枚。

本戦準決勝 ザナホリアさん(理系学問タイピング)・ざらこさん(社会並べ替え)・カイト(ライフスタイルタイピング)・ブレイヴラブさん(文系学問タイピング)

準決勝はジャンルドラフト。まず、1巡目はスポ順が通れば儲け物なのでスポーツを選択。結果「芸能・スポーツ・スポーツ・芸能」で全員選択し直し。
2巡目はザナホリアさんのアニ連を潰せるし、アニ特も投げられるかもしれないのでアニゲを選択。結果「理系・アニゲ・アニゲ・文系」で自分とざらこさんが3巡目。
既にライスタと社会しかなく、被ればノンジャンル、という状況なので、社会は投げたくないしな…とライスタを選択。ざらこさんが社会だったので、これで確定。


…とはいえ、右辺4つ縛りとか逆風でしかないし、そもそもライスタも適当ライタイしかないので、知っている問題が多く来ることを祈りつつ対戦開始。
理タイは「ハイポ」「五加木」と計算問題でりきしさんが3ミスして後退し、残り3人は全問正解。社会並べ替えはノーマルだったので全員全問正解。
ライタイは「石榴口」が思い出せずにザナホリアさんの単独正解、「ペプシドライ」を「クリア」と答えて単独不正解。…なんでこの形式投げたんだ?
ざらこさんが3問間違えたので、4セット目を耐えれば2位、という状況で文タイ。「コルニーロフ」を「ストルイピン」と解答しかけたけど、打ち直して当たったのが大きかった。



f:id:kaitopoketto:20210110202728j:plainf:id:kaitopoketto:20210110202655j:plain



2位。まあ、キーパネ型賢闘士なので、キーパネ4セットはありがたかったですね。というわけで決勝進出。目標を達成しました。


本戦決勝1戦目 ザナホリアさん(芸能順番当て)・カイト(スポーツ順番当て)・ゆーふぉさん(社会キューブ)・RDノSノQノZさん(スポーツその他)

決勝は準決勝からの高火力ボンバーマンで2戦し、順位合計の小さい、同じ場合得点合計が高いプレイヤーが優勝。準決勝で武器が投げられなかった分、メイン武器が全て投げられる状態。
方針としては、まずスポ順を投げて、マスクマンが後退してくれれば2戦目は芸能連想。そうでなければアニメ・特撮。ザナホリアさんとマスクマンの武器被りが懸念材料でしたが…。
いきなりの芸順は成語が半分くらいで、非固定も何度か間違えて対策していた問題だったので全問正解。マスクマンも全問正解で、残り2人も1ミスずつ。
スポ順で離す予定が、簡単ではないものの3~4選択肢の問題が多く、全員全然間違えてくれない。対策されてましたね…。ゆーふぉさんと自分が全答、残り2人が1ミスずつ。
社会キューブは前回賢竜で1回戦用に急拵えで詰めた形式なので、6問旧問来い!と思いましたが、当然そんなことはなく「トゥイシ」で少数不正解。マスクマンが抜け出す。
スポ他は競馬のグル分けの2択が当たり、「角田裕毅」のエフェクトが全滅。何度か解いた時は当たってたはずなんだけど、最早自分が今日何と回答したかも忘れてしまった。



f:id:kaitopoketto:20210110202702j:plainf:id:kaitopoketto:20210110202658j:plain



1位。芸順を跳ね返せたのと、グル分けで運良く1問返せたのが大きかった。ただ、10点差なので芸連のプランは断念。アニメ・特撮に賭けることに。俺は形式代表。


本戦決勝2戦目 RDノSノQノZさん(芸能○×)・ゆーふぉさん(理系学問順番当て)・カイト(アニメ・特撮)・ザナホリアさん(アニメ&ゲーム連想)

嫌な予感はしたけど芸能○×。「吉田兄弟といえば演奏する楽器は三味線である」を「一昨年レジャ杯の福井予選で単独不正解したやつだ!」しか思い出せずにまた単独不正解。答えを覚えろ。
「女性歌手のマドンナは本名である」は初見で、「まあ違うでしょ…」と×を押したら○で2ミス。★2だった。芸能○×はりきしさん対策でそこそこ予習したんだけどまだ甘かったか。
理順は「海豚、海驢、海月」を五十音順に選ぶ問題で「イルカ、クラゲと…アシカ?オットセイ?」とパニクった挙げ句オットセイだと思って少数不正解。オットセイは膃肭臍。
アニ特は『魔法科高校の劣等生』の2期は○○○編?が初見で、「訪問者」にして少数不正解。まあオタクアニメに関しては初見でも素で当てないといけないので、観てない自分が悪いんですが。
最後のアニ連、これはマスクマンに離されて終わりかな…と思ったら声優・アニソン・声優・ラノベ・漫画・特撮。ありがたく全問正解しました。最後に流れが向いてくれた。



f:id:kaitopoketto:20210110202724j:plainf:id:kaitopoketto:20210110202720j:plain



3位。順位合計はマスクマンが6、ザナホリアさんとゆーふぉさんが5、自分が4。ということで、大混戦でしたが、優勝しました。


振り返り

まずは、優勝できて嬉しいです。今作出た大会は全て準優勝だったので、ようやく、と言ったところ。自分の実力帯だと結局、数撃って結果が出るのを待つしかないんだよな。
惜敗でギリギリ残ったのとか、スポ順が予選で仕事をしてくれたのとか、流れもありましたが、「芸順・アニ連」という武器が被った2人を相手に決勝で勝てたのは我ながら頑張ったな、と。
そして合計7試合、28形式を解いて、ライ順以外の27形式は全て2ミス以内。総合力強化、という方針は着実に達成できているのではないかと。ライ順は4ミスなのでアレですけど。
環境も良くないしモチベも維持し辛い中でも、続けていれば結果が出る時もあるんだな、と実感できてよかったです。今回出来なかったライ順・理択・芸○×あたりはまた予習しておこう。


あと、久しぶりに各地域のプレイヤーさんと交流できたのも本当に楽しかった。オフラインの大会はやはりこれが一番の醍醐味。本当は打ち上げにも行きたかったのですが…。
この半年間、黙々と1人寂しくプレーしているだけなので、人恋しすぎてずっと喋っていたまである。特に駅まで送っていただいたむじんくんさんには本当に感謝いたします。


さて、次はKACかな?正直この情勢だと開催されるかは怪しいかな…と思いますが、出場する機会がこの先そうあるとも思えないし、前回みたいに後悔しないよう、備えだけはしておきたい。
力試しに次は頑張ってみようかな、と思っていたら延期されてしまった全国大会も来月くらいにありそうだし、そっちの方が先か。まあ、全国大会は無心でプレーし続けるだけなんだけど…。
最後になりますが、参加された皆さん、そして主催の方々、本当にお疲れ様でした。また大会が開かれるような情勢になれば、各地に遊びに行きたいと思うので、よろしくお願いいたします。