適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

2019年度冬クールアニメ総括1

遅く帰ってきてご飯を食べて寝るだけの季節が来てしまい辛い。…でも、今年は自粛ムードだからみんなに比べて自分は…ってなりにくいだけマシかも。
さて、ぼちぼち観ていた作品が終わり始めたので、例によって少しずつ。

ラディアン 第2シリーズ

4クール弱かけて描いたセトの成長。一本筋が通っていて、王道なファンタジーとしてクオリティが高かったです。
ただ、2期は勢力が多すぎて、1期の特に後半で描かれていた差別と排斥について掘り下げきれなかった印象。原作のストック的に続きはないだろうなあ。

魔入りました!入間くん

決してつまらなくはなかったけど、コメディ、ストーリーライン、キャラクター、様々な面において今ひとつというか、インパクトがちょっと弱かったかなあ。
特にストーリー、キリヲ絡みにこんな尺を使って、後半のクライマックスに持ってくるほどだったのか…?原作は知らないけど、上手いこと取捨選択しても良かったのでは。

ダーウィンズゲーム

能力バトル+デスゲームという手垢ジャンルでしたが、決して強くはない能力を使って、どう敵を倒すか、そして増えた仲間との連携。
キャスト陣も良い演技だったし、ベタでもちゃんと面白ければそれが一番なんですよね。なんか最後にいきなりイキり無双みたいな終わり方だったのは驚いたけど。

へやキャン△

良くも悪くも、次との繋ぎだったのかな、と。へやとか言うけど割とずっと外出てたよな…?

群れなせ!シートン学園

端的に言うと、萌え要素を足した面白いけものフレンズ。ここ数年、博史池畠監督作品はハズレがないですね。動物に関する豆知識が結構入ってて、勉強になりました。
木野日菜小原好美久野美咲田村ゆかり齋藤彩夏金田朋子まで、特徴的な声の声優さんが多く起用されていて、声フェチにはかなりポイントの高い作品でもありました。

うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~

異世界あり、ラップあり、人情噺あり。なんでもありの自由空間でしたね。作画も安定してたし、毎回変わる主題歌も楽しみだしで、毎週配信が待ち遠しかったです。
…まあ、15分くらいの枠でも良かったのでは?という気はしないでもないですが。ノイタミナにしてはとっつきやすい作品だったんじゃないかな。

理系が恋に落ちたので証明してみた。

kaitopoketto.hatenablog.com

id:INVADED イド:インヴェイデッド

とにかく話が分かりづらい。頑張って理解しようと思えるほど面白いとも思えなかったし、自分に合っていない作品だったのかも。…まあ、薄々分かってたけど。
独創的な設定に見合う中身だったとはどうしても思えないんだよなあ。飛鳥井木記がミヅハノメで、いつか救う人が来る、ってオチとして弱くない?後味が悪いぜ!(別作品)

ソマリと森の神様

世界観が良い。人間が迫害されている世界だけど、実は人間もかつて他種族を迫害していた、と。それでも、個人間のレベルにおいては親愛の情が生まれる。
6話辺りのウゾイ絡みのエピソードなんかはかなり良かったけど、あの最終話は結局、ゴーレムがソマリと最期まで一緒にいることを選んだってことですよね。
原作がまだ続いているなら仕方ないけど、あの後に待っているのは一種のバッドエンドな気がするんだよな…。あ、柴田理恵の演技はめっちゃ良かったです。

アイカツオンパレード!

あとで個別に書きたい。…ってフレンズの時にも書いて結構放置してたけど。


まだ配信が最後まで終わっていない作品も結構あるので、全部観終わったらもう一回更新することにしますかね。
総じて、ものすごく好みな作品はなかったけど、及第点以上の作品は多かったかな。冬クールで見たら、昨年以上一昨年以下といったところでしょうか。