適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

仁義なき戦い 広島死闘編 ★★★★★★★★★☆

仁義なき戦い 広島死闘篇

仁義なき戦い 広島死闘篇

  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Prime Video


東映実録ヤクザシリーズ第二弾。一時休戦していた博徒の村岡組とテキ屋の大友連合会だったが、ここへきて再び抗争が勃発していた。
博奕のトラブルから刑務所に入った山中は、仮出所早々、大友連合会の連中に袋叩きに遭う。
それがもとで、山中はライバル組織の村岡組の組員となるのだった。村岡の姪でもある靖子ともいい仲になるが・・・。


仁義なき戦い』シリーズの2作目。前作とは少し毛色が違う作品でした。
前作の主人公だった広能は狂言回し的な立ち位置になり(犬の肉を食べさせられるシーンで笑った)、実質的な主人公は北大路欣也演じる山中。
村岡組の組員となった山中と、村岡の姪である靖子との身分違い(?)の悲恋がメインになっており、さながらヤクザ版『ロミオとジュリエット』でしたね。


そしてそれに負けず劣らず異彩を放っているのが、千葉真一演じる大友組組長・大友勝利。
山守を筆頭に、奸計を巡らせるヤクザが多い中、理屈無視のバイオレンス。頭のネジが完全にハズれてるイカれたキャラクターでしたね。
前作みたいなノリを期待しているとあれ?となるところもありますが、面白いのは確か。「旨いもの食うてよ、マブいスケ抱くために生まれてきてるんじゃないの」は名言。