適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

QMA振り返り(2021年4月)

f:id:kaitopoketto:20210430182700p:plain

総合正解率

+0.26%。先月に比べると今月は出題テーブルが向いていたのかもしれない。あと、マルチを少しずつ復習しているのが効いてきたのかな。まだまだ途上ですけど。
前月比だとスポーツと理系以外全部上がりましたね。スポーツは問題運に左右されるので仕方ない面もありますが。1回投げたかどうかなのに芸能が大きく上がったのは結構嬉しい。
そういえば新作が先行稼働しているようですが、新筐体が県外にしかないので、一斉アップデートまでは現行バージョンになりそう。来月末は今作の総まとめをしようと思います。

4月のプレー内容

東京と名古屋でイベントがあったのでちゃんと実機に触れたのは2日間だけでしたが、計画通りにセレクト:キーパネ:マルチを1:1:1で予習。ほぼノンラン。
マルチの見直しもそこそこ進んできたので、来月末(≒新作一斉稼働)までに最低限見直したい形式の目処をつけたい。消えた問題が復活してるらしいし、尚更出る分は固めておかねば。

5月の予定

コナステが11日まで半額らしいのですが、安価だから、と安易にプレー偏重になると暗記の時間が減ってしまうので、ゴールデンウィークは自制しつつ復習を進めていく予定です。
とはいえ、半額期間中は交通費と数時間の移動時間を考えると自宅の方が圧倒的に得なので、月前半は自宅で予習、後半の週末は実機、という感じになりそうですね。
とりあえず、目標としては1週間で1形式、今作稼働終了までに4形式のマルチを1周見直す、という感じで。復習はとにかくモチベ管理が難しいので、短時間でも継続せねば。


輝望の刻も残り1ヶ月。宿題をできる限り片付けた状態で次回作に移行できるよう、引き続きマイペースに続けていきたいと思います。3月みたいにスランプになりませんように。