適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

二ノ国 ★★★★★★☆☆☆☆

終バスまで無限にゲーセンでクイズ!…の予定でしたが、結局飽きてしまったので、併設の映画館で何か観ようと思い、ちょうど良い時間にやっていたこれにしました。



映画「二ノ国」30秒予告編


愛する人を救うために<命>を選べ。」


ミュウツーの逆襲』を観に行った時に見た予告で、このキャッチコピーが何となく頭に残っていました。…が、このキャッチコピー、実は完全なブラフだった、という衝撃の展開。


車椅子で暮らしている秀才のユウ、バスケ部で女性とにも人気のあるハル、そしてハルの彼女であるコトナ。幼馴染である3人。ある日急に異世界二ノ国」に転生してしまう。
現実世界である「一ノ国」と、異世界である「二ノ国」は命が繋がっていて、ニノ国の姫・アーシャの命を救えば、その代わりに現実でアーシャに似ているコトナが死んでしまう。

だから「命を選べ」というキャッチコピーが出てくる。主人公のユウとハルは「コトナを救うために、アーシャ姫を殺すのか?」という究極の選択を迫られる…という流れなんですが
途中から「いや、命が繋がってるんだから、片方殺したらもう一方も死ぬんじゃない?」という当然の疑問が出てくるわけで。
ユウがその疑問をハルに投げかけようとしても「お前の妄想には付き合いきれない!」と相手にしないんですよね。彼女のコトナがそのせいで急に余命3ヶ月だからな…。
まあ、ユウの方も、その根拠が、子供の頃入院していた病院にいた「ワシは異世界から来たんじゃ」みたいなことを言っていたおじいちゃんの言葉を信じているから、という
「確かにこれ言われてもちょっとね…」みたいな感じだったので仕方ない面はありますが。とにかく、終始ハルのアホさ加減にイライラする映画でしたね。


例えば序盤、謎の刺客に刺されて意識不明になったコトナのところに駆けつけ、ユウに「お前がいながらなんでこんなことになったんだ!」みたいなことを詰るシーン。
「いや、お前さっきまで二人でデートしてたやん」っていう。それで別れた後に彼女が襲われ、着信にも気づかなくて来るのが遅れたのに、車椅子の身ながら必死にコトナを探した
親友に対してその言い草はヤバくない?って思ってしまいました。他にも、明らかに悪役って分かりそうな怪しい暗黒騎士に唆されるとか色々あったけどまあいいか。


…まあ、ゆうて高校生だし、彼女が急に余命数ヶ月って言われて、その原因が異世界の姫にある、って言われてしまえば、信じてしまうのも仕方ないかな、と思わなくはないんですよね。
この作品がマズいところは彼らのキャラクター性ではなくて、展開の強引さにある。中盤、ニノ国の王が2人を疑って、投獄して取り調べようとするシーン。
ユウが急に「分かったぞ。ニノ国に来たきっかけは交通事故だったから、一の国(現実)に帰るには命の危機が必要。あの炎の中に飛び込もう!」とか言い出す。
思わず座席で「…は?」って言いそうになってしまった。そんな根拠ゼロの仮説で命を張るの頭おかしい…。ハルも普通に同意するし。ここでまず置いていかれてしまった。


ユウがアーシャ姫と交流を深めていき、姫に惹かれていくのはまあ悪くはないとは思ったんですよね。ただそれだけの関係性で姫のために命を張れるの?とも思ったのは事実なんですが。
それより、姫が、コトナと自分のどちらを救うかユウが悩んでいる、と知った時、急に「あなたは大切なもののために全てを賭ける覚悟がないのですか。コトナさんのことが大切なら
今すぐその剣で私を殺してコトナさんを救いなさい!どうせ一度はあなたに助けられた命ですから!」とか言い出したのはマジで引いてしまいました。
顔も知らない異世界の人間を救いたい、なんて理由のために、自分の命を差し出す人間とかおらんやろ…。展開に言わされている感がありすぎでしたね。もう少しなんとかならんかったのか。


黒幕も怪しすぎてこいつは逆に黒幕じゃないだろ、と思ってたら普通にラスボスで、まあそれはいいんですけど、彼は実は国王の兄であり、かつて国外追放されながら、妻と出会い
幸せに過ごしていたところ、今度は国王に国ごと攻め滅ぼされて全てを失い、強い憎しみを持つようになった。…とかいうめちゃ重い設定を喋る喋る。今までそんな描写なかったけど…。


そして、伝説の剣が出てきたり色々あって、最後はユウとハルの連携プレーで見事に敵を倒す。めでたしめでたし…、なのか?よく考えたら、国外追放した挙げ句、国を攻め滅ぼすという
外道なことをしたからこそ怒り、国の征服を狙っていたわけで。それを普通に倒して終わり!では、悲劇の繰り返しを生むだけですよね??敵側の事情出しておいてそれ?という疑問。


…で、最後。元の世界にユウとハルが戻ろうとすると、途中でユウが突然「ニノ国に残る」とか言い始め、現実世界に一人で戻ったハルは、奇跡的に回復したコトナと共に幸せに暮らす。
ユウは二ノ国でアーシャ姫と幸せに暮らす。めでたしめでたし。…となったところで、ハルが「…そうか、わかったぞ。ユウの正体が。お前は俺だったんだ」とか言い始める。
ユウとハルは同一人物で、ユウが二ノ国、ハルが一ノ国の住人だった、と。息がピッタリ合うのもそういうことだったんだと。ラスト5分でこの重大な設定が明かされてエンドロール。
…伏線が全く無かったわけではないですが、今まで一ノ国とニの国の同一人物は姿形も似ている、って設定を再三出してたのでミスリードだな、と。まあキャッチコピーからミスリードですが。



個人的に、王道ファンタジー作品に大切なのは「没入感」ではないかと思っています。その点今作は、あまりに不自然な言動とか、説明的な台詞が多いとか、尺の都合上仕方ないとはいえ
キャラの掘り下げが不十分で物語についていきにくいとか、とにかく没入感が削がれる描写が多かった。RPGを高々2時間の尺で映像化する、というのが土台無理なのかもしれませんが
それにしても、遊んでいれば勝手に愛着が湧いてきて背景も想像できるゲームとは違い、映画であれば、キャラのバックボーンも、感情移入も、2時間で描写して入れ込まなければいけない。
ゲームを映画化するということがいかに難しいか、という象徴的な作品なのではないかと。脇役が実はゲームに登場する重要キャラとか、ファンサービスもあったらしいだけに尚更そう思います。


芸能人の声優起用はそこまで気になりませんでしたし(知ってる声の俳優さんばかりだというのもありますが)、脇役の声優は業界トップクラスの人たちばかり。久石譲さんの音楽も良かった。
それでも、不自然な展開が多すぎて、物語を咀嚼する妨げになってしまう。噛み合わない作品だなあ、というのが率直な感想です。粗が目につきすぎて、王道な物語を素直に楽しめない。


あと、足が不自由なユウが、二ノ国では普通に歩けるようになっていて、最後はアーシャ姫と幸せに暮らす、というオチ。そもそも、ユウの足が不自由な設定って必要だったんでしょうか?
最近流行りのポリコレ要素を作品に入れ込む、というあまり好きではない風潮の現れなのかもしれませんが、現実世界では障害があるけど、異世界なら治ってるからそっちでお幸せに、って
考えようによっては、障害者を否定しているのでは。結論がああなったことで、むしろポリコレ的には駄目なメッセージを内包してしまっているようにも見えました。…自然に描くって難しい。


映画「二ノ国」 公式アートブック

映画「二ノ国」 公式アートブック

ROUND1 CUP 小倉店

賢竜以来、始めてまともにクイズをしようと思って海峡を越えてきたのですが、数時間で飽きてしまったので( 気分転換に隣の店の大会に顔を出しました。
参加者は四人だったので、そのまま決勝。いつもの同一ジャンル禁止。

決勝1戦目 へいそつさん(社会ランダム)・カイト(ライフスタイル◯×)・ガン01さん(文系学問文字パネル)・アインハヤテさん(サッカー)

とりあえずライ◯×から。社ランは政令指定都市の人口要件は何万人以上?を間違える。小学生以下。
ライ◯×はポーカーサイズとブリッジサイズどちらが大きいか覚えてなくて1ミスで差がつかず。
文文字は日本が国際連盟を脱退した年号で単独正解してガン01さんに追いつく。
サッカーは上田綺世のエフェとデ・ブライネの連想で2ミス。難しすぎる。



1位。ミスがかなりしょっぱいけどギリギリ一本取れました。

決勝2戦目 へいそつさん(スポーツエフェクト)・カイト(社会スロット)・ガン01さん(生物)・アインハヤテさん(アニメ&ゲームエフェクト)


メイン武器投げても、と思ったので適当社スロ。スポエフェは即答して終わり。社スロは常陸宮でリード取れたんだったかな。
生物は最後の子葉が地面の上に出るかとかいうグル分けが全滅。見たことなかった…。
アニエフェはまたアニ特が出ずに大ブレーキ。犬童貞男と殺人倶楽部で2ミス。



1位。二連勝で優勝しました。

振り返り

もう少し易い問題を間違えないようにしたいですね。アニエフェ今更2ミスはなあ。

高垣彩陽さんご結婚おめでとうございます

ameblo.jp

3時過ぎ、席を立った時ふとスマホを見たら更新通知が来ていて、タイトルが「結婚のご報告。」一瞬驚いて、そこからはとても温かい気持ちになり、気分良く仕事を終えることができました。
人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる、美しい心を持つ高垣さんのこれからの人生が、幸多きものになりますよう、心からお祈りしております。本当におめでとうございます。

同じ時代に生まれ、
関わらせていただいた作品や音楽を通して、
誰かの人生とほんの少しでも交わることができているのなら、
私は幸せです。


幾度となく聴いた『melodia』とか、高垣さん目当てに毎週早起きして見ていた『バトスピ』とか、グランキューブでの生『キグルミ惑星』とか…。そして先日観劇した『SMOKE』での熱演。
この10年、高垣さんの演技に、歌声に、そして真摯な人柄に、ことあるごとに触れ、その度に心を動かされていました。今日までファンでいて良かった。心からそう思えるのが嬉しいです。


それにしてもこの記事、オチまであって秀逸ですね。伝説のホットケーキ懐かしい。ラジオで割り下とバリスタの区別がついてなかったのが今でも記憶に残ってるんですよね…w
今では料理も上手くなったという話ですけど、それはそれでちょっと寂しい( 重ね重ね、本当におめでとうございます。これまでも、そして、これからも、ずっと応援しています。

アイカツオンパレード!に思うこと

先日、パシフィコ横浜で「BEST FRIENDS! スペシャルLIVE ~Thanks⇄OK~」に参加したところ、最後に重大発表がありました。
来月末で『アイカツフレンズ!』が終了すること。そして10月から新番組『アイカツオンパレード!』が放送されること。そこには歴代キャラが再登場するということ。


会場には絶叫しているオタクしかいなかったので、映像は流れていたけど何を言っているか全然聞こえませんでした。ということで、今更ながらCMを見ていきたいと思います。



アイカツオンパレード! 予告編


会場では聞こえてなかったけど、蘭ちゃんが「アイカツって、色々な形があるから面白いんじゃないか?」って言ってしまうのはキャラ崩壊なのでは??とか思ってしまった。
それにしても、新主人公の「姫石(きせき)らき」って字面、めっちゃ害悪感ないですか??ちいさくなるとタマゴうみとちきゅうなげ辺りを覚えてそうな気がしてならない。強そう。



アイカツオンパレード!星宮いちごver.

アイカツオンパレード!霧矢あおいver.

アイカツオンパレード!紫吹 蘭ver.

アイカツオンパレード!有栖川おとめver.

アイカツオンパレード!音城セイラver.

アイカツオンパレード!虹野ゆめver.

アイカツオンパレード!桜庭ローラver.


CMも色々公開されてましたね。貼っていこうとしたけどキリがないのでやめよう。


…さて、会場では感極まっているオタクが散見されましたが、自分はどうだったかというと、色々と混乱してしまってどう反応して良いやらわからない状態でした。
もちろん、初代やスターズのキャラクターがまた見られるのが嬉しいのは間違いないんですよ。魅力的なアイドル達にまた会える。それだけで十二分に価値はあると思います。


…でも、手放しではどうしても喜べない。何故かって、こういうクロスオーバーものをテレビシリーズでやるということは、新シリーズは(少なくとも当分は)ない、ということだから。
歴代シリーズのキャラ大集合!の次に、果たして新作は来るのか。ある種の焼畑農業ではないのか。急に歴代のBGMや背景を復刻した、某アーケードクイズゲームと同じ心配をしてしまう。
初代、スターズの人気は分かりますが、それでも、過去作に縛られることなく、どんどん先へ進んでいくコンテンツであってほしい。少なくともその可能性を信じていたかったな、と。



アイカツ!シリーズ バトンタッチPV


昨年、『アイカツフレンズ!』放送前に公開されたPVや、名曲『SHINING LINE*』の歌詞を引用するまでもなく、『アイカツ!』シリーズは一貫して「次の世代へバトンを渡していく」
そういう物語である。少なくとも自分はそう解釈しています。『オンパレード!』は、そのバトンを戻す行為にあたるのではないか。…書いててちょっと拗らせファン感出てきたな(


もっと言うと、一旦閉じた物語を、当時と異なるスタッフで作るということへの難しさも危惧しているところです。例えば初代では、美月からいちごへ、いちごからあかりへ。
そしてまた次世代へと、途切れることのないSHINING LINEを描いて、美しく幕を閉じている。そこに、異世界に繋がってましたー!みたいなノリでクロスオーバーすることで
「このアイドル、こんなキャラだっけ?」みたいな解釈違いが発生しないだろうか、という不安。綺麗に終わった作品の続きって、結構難しいと思うんですよね。


…と、めんどくさいオタクの戯言をダラダラ書いてきましたが、「バトン」がしっかり渡っているな、と感じたこともあります。それが次に主演する逢来りんさん。
ライブのMCで「小学生の頃に見ていたアイカツ!』シリーズに出演できるなんて」みたいなことを仰っていて、自分含めてオタクは膝から崩れ落ちそうになったはず。
年齢を重ねてくると、こういうのダメージキツいんですよね。…それはまあ置いといて、初代を見ていた女の子が、最新作では主演を務める。リアル『アイカツ!』だなあ、と。
作中の台詞を引用すれば「うんうん、それもまたアイカツだね。」ですよね。演技も歌もしっかりしてたし、将来有望だと思いました。これからも頑張ってほしい。


結局、何を思おうが見るという選択肢しかないし、見たら「あおい姐さん最高~」とか言ってるに決まってるわけで、気にするだけ仕方ないことなのかもしれませんけどね。
あと、土曜に移動するというのはちょっと寂しい。就職してから、配信日の月曜と放送日の木曜は、『アイカツ!』あるから頑張ろう!というのがモチベになっていただけに。
色々思うところはありますが、まずは『アイカツフレンズ!』がどう着地するか、ですかね。それにしても今日の放送回、まるで「帰ってきたドラえもん」みたいだったな…。

Lasting Song

出張から帰宅したらちょうど届きました。先日浅草でお姿を拝見したのが本当に数年ぶりだったのですが、今回は舞台女優ではなく、アーティスト・高垣彩陽として。
表題曲はいつものエレガらしい格好良いサウンド。作詞が高垣さん本人らしいのですが、作品を2期までしか見てないのでおそらく世界観に寄り添ってるんだろう、くらいしかわからない(
歌詞が難産で、水樹奈々さんやmeg rockさんにアドバイスをもらった、みたいなことをインタビューで仰っていました。作詞にも当然ですけど向き不向きってあるんだなあ、と。
『幸せのかたち』は爽やかなピアノロックでしたね。こういう軽めの曲って珍しいかも?だいたいいつも重めの(笑)曲が多いようなイメージなのでちょっと新鮮でした。
『IF THE WORLD HAD A SONG』は、今回の洋楽枠は知らない曲名だなー、って思って再生してみたら開始数秒で「バッハやんけ!」ってなりましたねw散々演奏したな、この旋律…。


高垣さんの曲の中で、『シンフォギア』関連のデジタルチックな曲は割と異質だと思うんですけど、逆に言うと作品と出会わなかったら歌わなかったジャンルだ、とも言えるわけで。
聴いてみると、今からでもシリーズ追いつこうかなあ、って気にも少しなるんですが、如何せんそこそこ量があってハードルが高いのと、多分あまり好みのジャンルでなさそうなのが辛いところ(

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(13) あやせif 上

最終巻読んだのもう6年前か…。時系列がどうなってるのかはよくわかりませんでしたが、とりあえずあやせルートということらしい。
アニメ化されたライトノベルを読むと、読みながら脳内でキャストの声が聴こえるのがとても良いですよね。ラブリーマイエンジェルあやせたん最高。
それにしても、数百ページしかないから一瞬で読み終わってしまったし、下巻は来年って。オタクはチョロいからこんな商法でも喜んで買うと思われてますね。その通り。


これはこれで楽しく読んだんですが、最終巻の後日談みたいなのもあれば…いや、蛇足かなあ。終わった作品の続きを作るって難しいというか、デリケートだからなあ。

第一回 全国大会・華



最終日の15時頃に「めんどいけどスタンプのために10クレだけやるか…」と開始してみたら、最初の10クレで2回全答して11000代後半が2つ出るミラクルが起こる。
これはスコア出るのでは?と8000点以下が消えるまでやったら、それだけで賢将ラインを超えてしまったという。多分30クレやったかってくらいなので、昨日だけ異常に問題が向いてましたね。
色々言われてる川崎接続ともほぼ当たらなかったのが大きかったのかも?キリンレシーブさんとは四回に一回くらい当たって全部負けたので、もう二度と当たりたくないです!!
何にせよ、賢将は前々作の最後の全国以来なので嬉しいですね。前回取った時とか「てんまガヴリール@シャロン」だったんだよなあ。懐かしい。


今週は出張で関東にいるんですけど、ブログに色々書きたいのに書けないのがつらい。忘れそうだしノーパソに下書きしとこうかな…というわけで、ブログ移行初のスマホから更新です。