適当な日常を綴る’

万年五月病患者が惰性で書き続けるブログ

劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明- ★★★★★★★★★☆

ライブが夕方からだったので、午前中の回を観に行きました。先週行こうと思ったら満員だったんですよね。
休日の朝だし、空いてるかなあ、と思ったんですが、割と埋まってました。オタクの成れ果てみたいなやつしかおらん。(自分を棚に上げる)
グロい描写は苦手なので、R-15に変わったという話を聞いて大丈夫かな…と心配でしたが、逆に心の準備をしてからして行けたのはよかったかも。アニメだと急にリコに針が刺さるからな…。


f:id:kaitopoketto:20200127195054j:plain


色紙はナナチとミーティでした。特典があることも知らなかったのですが、今調べたらリコとプルシュカのバージョンもあったみたいですね。


お話は完全にTVアニメの続きで、深界四層から深界五層へと進んだ3人と、プルシュカとの出会い、そしてボンドルドとの対決。作中の時間は2日しか経過していないのに、非常に密度が濃い。
懸念していたグロシーンについては、序盤に出てきた、人間に寄生して眼窩からウネウネ出てくる芋虫が気持ち悪すぎて無理でしたが、腕切断とか人間解体とかはボカされてたしまあなんとか。
血の色もピンクだったし、その辺は配慮してるんだな、と思いました。痛々しい描写は結構キツかったけど、あれがないとこの作品じゃないから仕方ない。
でも、ハマシラマを食べるところは美味しそうでしたね。倉田英之ファンとしては、ああいう幕間の空気感を大事にしてくれるととても嬉しい。見た目は最悪だったけど…。


今回の映画で主に描かれていた、ボンドルドという「完全に価値観の異なる存在」との対決は面白かったですね。単純に善悪で割り切れるキャラクターではなく、むしろ一番真摯とすら言える。
アビスの謎を解明するためであれば他人はおろか、自分の肉体の消滅すら厭わない。そして、その目的達成のためであれば、何人もの孤児に、平等に「愛」を与えることができる。
まあ、その「愛」すら、実験やカートリッジの生成のためなんですけど。…でも、何匹もの成れ果てが出てきた時、ボンドルドは全員の名前を呼んでいましたよね。
もっと言うとカートリッジの名前も呼んでたし。「子供たちーボンドルド」という2者にとっては、果たして本当に不幸せな関係なのか。それはもしかしたら片面的な見方なのではないか?
ナナチとミーティのような信頼関係を築けていることが「呪い」を回避する条件なのだとしたら、そのために子供たちと、プルシュカに愛情を注いでいたのかな…とか、そんなことを思いました。


そして、面白いのが、「アビスの謎を究明したい」という思いは、リコにもあるということ。実際「ロマンは分かる」とボンドルドに理解を示す場面もありましたし。
それ以上に、最後、あれだけのことが目の前で起こり、昨日知り合って仲良くなったばかりの少女が「こぼれちゃった」あとで、リコは元気に深界六層に向かおうとするんですよね。
ナナチにしても、ボンドルドに対して「口車に乗っていなければ、オイラはよ…」と、言葉を濁していましたが、単なる憎しみだけではなく、それをきっかけに3人で冒険が出来ているのも事実。
「理屈では分かっても、理解はできない」相手と戦わざるを得ない難しさ。そして、ボンドルドも完全に倒されたわけではない。この辺りが作品の魅力の1つなのかもしれません。


レグとボンドルドのバトルシーンも圧巻でしたね。広い空洞で動き回る2人がとても迫力があって。あまりそういうシーンを期待していたわけではなかったのですが、いい意味で驚かされました。
なきがらの海の茫漠とした感じもそうですけど、こういうのはやっぱり劇場で大きな画面で観たほうが映えますね。まあ、自分は家でこれ観たら絶えられずに早送りしてしまいそうですけど…


全体的に面白かったのですが、プルシュカに関するシーンが意識的にキツく描かれてるのが辛かったですかね。カートリッジが排出されたあと、回想が長い長い。
そこまでプルシュカがどんな子か、というのが明かされていなかったから仕方ないんですけど(先に出しすぎると衝撃も薄れるし)長すぎて「趣味悪いな…」ってなってしまったところはある。


尺の面でも、放送コードの面でも、映画として制作するのが最適だったと思いますし、それに応えてとても良いものを作ってるなあ、という印象でした。
決して気分が良くなるような作品ではないんですけど、間違いなく面白い。…でも、映画館でポップコーンとか食べながら観る作品では間違いなくなかったな…。

アイカツオンパレード!ユニットライブツアー ユニパレ!@福岡

アイカツ本気オタクの支援をするために大阪と愛知に応募して、その時に福岡でもやることを知り、「キャパ的に当たらないだろうけど、試しに自分用にも一枚申し込んでおくか」と。
結果、大阪も愛知も落選し、福岡だけが当選。役立たず。…まあ、コンテンツの人気にキャパがどう考えても見合ってなかったので仕方ないとは思いますが。キャパ3桁はありえない。


…というわけで、単独で参戦することになりました。アニメは大好きですが、イベントには5thフェスとフレンズのワンマンしか行ったことがなく(スターズ感謝祭は配信で観たけど)。
所謂「うたのおねえさん」のファンというわけではないので、楽しめるのかな…?という不安もあり。事前に参加メンバーが担当しているキャラクターを改めて調べるところから始めました。
その結果、ルミナスとヴィーナスアークが揃っていることが分かり、この辺の曲はまず確実にやるだろうと。フレンズ組の曲は多分分かるから大丈夫。わかさんは何を歌うんだろう…?
そんな感じで、ゆるーく予習しつつ福岡まで向かいました。TLの感想を見るに、治安悪いのでは?という懸念もありましたが、整理番号は半分より後ろだしまあ平和だろう、という希望的観測。
聴きたいと思っていた曲は、感謝祭で印象に残った『裸足のルネサンス』と、夏に聴けなかった『6cm上の景色』。あとは『Blooming♡Blooming』『Passion Flower』『Bon Bon Voyage!』辺り。


朝のうちによかよかきっぷで博多まで移動し、朝は鯛茶漬け、昼はひらおの天ぷらでひとまず博多の食を満喫。開演少し前に天神の会場へ移動したのですが、途中で雨が降り出して寒かったです。
自分が入場できたのは開場30分後くらいで、寒い中外で待っていたので凍えそうになりました( 1階の中央後方が平和でそれなりに視界も良さそうだったので、陣取って開演を待つことに。

1.君のEntrance
2.そこにしかないもの


3.Bon Bon Voyage!
4.おねがいメリー
5.森のひかりのピルエット
6.裸足のルネサンス
7.Forever Dream


8.サマー☆マジック
9.はろー! Winter Love♪
10.Growing for a dream
11.Passion flower


12.オリジナルスター☆
13.窓-ココロ-ひらこう
14.6cm上の景色
15.永遠の灯
16.チュチュ・バレリーナ


17.みんなみんな!
18.GLAMOROUS BLUE
19.The only sun light
20.Lovely Party Collection
21.アコガレカスタマイズ☆


-アンコール-


22.ひとりじゃない!
23.アイドル活動!~オンパレード!ver.~


セットリストはこんな感じ。公式がエクセルベタ打ちで上げてくれてるの助かるなあ。 コピペできればもっと楽なんだけど。つらつらと書いていこうと思います。


まずはフレンズ・オンパレード組。トップバッターずっと任されてるの大変そうだな、と。
『そこにしかないもの』は、「この激重歌詞、みおが書いたんだよな…」とか思うと笑えてくるのがよくない。いや、好きな曲なんですけど。

そして次にヴィーナスアーク組。『Bon Bon Voyage!』が聴けて満足。『森のひかりのピルエット』辺りで思ったのですが、今日は照明がとても凝っていて、曲の世界観がよく出ていました。
…で、『裸足のルネサンス』。改めて良い曲だなあ、と。ケルティックな曲調と、要所で鳴るティンホイッスルがとても好きです。加えて、声の伸びも素晴らしい。ないはずの剣が見える(幻覚)

初代組、『サマー☆マジック』も『はろー! Winter Love♪』も懐かしい。一気に夏から冬へ。そういえば、今冬だったな…とか聴きながらぼんやり思ってました。
…からの『Growing for a dream』で会場のボルテージが一気に上がりました。愛されてるんだなあ、と。『Passion Flower』はフル尺でやるの初めてだったらしい。今日来て良かった。
手拍子するのが楽しかったです。これも歌声とダンスがキレキレで、パフォーマンスのレベルめっちゃ高かったなあ。絶対薔薇の花びらが見えた(すぐ幻覚を見る)。

次のMCでコラボのコーナー、みたいなことを言ってて、何をやるのかな、有名な曲かな?とか思ってたら、流れる『オリジナルスター☆』のイントロ、ブチ上がるテンション。
この曲も本当に大好きなんですよね。わかさんとりんちゃんが歌うというのが良い。未来プロデュースは始まってるし、オリジナルスターを目指していくんだよなあ。
ピュアパレは、ワンマンより明らかに松永さんが上手くなってたし、『6cm上の景色』も聴けたので言うことなし。オタクがチクチクチクチク言ってるのはちょっとシュールだったかも。
終わってからるかさんが出てきて、『Blooming♡Blooming』来るかな?と身構えていたら、聴こえてきたイントロが予想外で、思考が停止してしまった。「…これ『永遠の灯』じゃね?」と。
手持ちのサイリウムの緑を振るべきか、赤を振るべきかで迷いましたが、自分の周辺は割と赤だったので赤で。衝撃度だとここが一番だったので、記憶が…。ライブ特有の記憶力低下。
『チュチュ・バレリーナ』も、アニメで最初見た時はすごい独特な絵だな…って思いましたけど、今はとても好き。3人で披露するのも初めてだったんだっけ、今日来て良かった(2回目)。

最後のブロックはなんか気づいたら終わっていた(痴呆)。『みんなみんな!』はピュアパレットの中では一番好きなので、振りも再現されてて微笑ましくて良かったです。
『アコガレカスタマイズ☆』も、わかさんとりんちゃんが歌うことに意味があると思うんですよね。正に「テレビの中のお手本」だったわけで。繋がるバトンを目の当たりにしているんだなあ。


アンコールは、木戸ちゃんが「コール、全然揃ってなかったねw」ってMCで言ってて笑いました。ホンマそれな。アイカツのオタク、もっとリズム感を磨いたほうが良いのでは??
『アイドル活動!』で締めるのもいつも通り。最後の挨拶でうっかり大阪公演のネタバレをしていた気もするけど、聞かなかったことにしよう。まあどうせ自分は行かないし…。


f:id:kaitopoketto:20200125224308j:plain


何も写真を撮っていないので、公式(@staranis_info)から引用。木戸ちゃんが母親に「アディダスのジャージみたいだね」って言われた話で笑ったけど、改めて見ると確かに。


f:id:kaitopoketto:20200125224305j:plain


ここ最近で何度も博多に行っているのに、そう言えば博多ラーメンを全然食べてないな、と思ったので、夜は博多駅の近くの店で食べました。
割とあっさりめのスープで、飲みやすかったので1:1くらいで麺を食べながら飲んでたら、替え玉の時にあまりスープが残ってなくて麺だらけになりました。配分が下手。


…正直言って、行くまではそこまでモチベが高いわけでもなかったのですが、参加してみるととても楽しかったので、行ってよかったな、と思いました。…ライブなんて大体そんなもんか。
後方だったからか、治安も懸念していたほど悪くなく、特に支障なく楽しめましたし。後ろでもそもそものハコが小さいからステージがよく見えるし、参加できた時点で勝ちですね。
また、ただ楽しい、というだけではなく、やはりこのコンテンツの肝である、次世代へのバトン。逢来りんさんにしっかり渡っているんだな、と再確認できたのが感慨深かったです。
本人もMCで仰っていましたが、キャラと一緒にどんどん成長していっているのがよく分かる。半年前と比べても、パフォーマンスが明らかに向上しているんですよね。
『オンパレード!』に関しては、正直焼畑農業感を覚えているのは事実ですが、このコンテンツが持つ魅力、SHINING LINEが、これからも繋がっていくといいなあ、と思いました。

東京暮色 ★★★★★★★☆☆☆

東京暮色

東京暮色

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video


何故かずっと「くれいろ」だと思っていました。なぜ急に訓読みしようと思ったのかは自分でもよく分からない。これが小津作品最後のモノクロ映画らしい。


今までに観た小津作品の中でも異質な作品でした。父親の笠智衆、その娘の原節子、叔母の杉村春子…とキャスティングはおなじみの面子なんですが、とにかく、全てにおいて「暗い」。
中心人物として描かれている明子は、悪い遊び仲間と交友するうち、そのうちの一人の子を身籠ってしまう。妊娠を知ると遊び仲間は疎遠になってしまい、中絶手術の費用を借りに叔母を訪ねる。
話を聞いているうち、明子は、自分は雀荘の女主人と父親との間の子供かもしれない、という事実を知って…。


…とまあ、とにかく救いのない話である上、最後まで観ても、誰も幸せにならない…どころか、明子は事故で亡くなってしまうし。
ストーリーだけでなく、画面も全体的に暗いんですよね。特に、先にカラー作品を観ていると、あのはっきりした赤色が印象深いだけに、一層陰鬱に見える。


監督が一貫して描き続けた、日本の上流階級の暖かな親子関係。その裏返しとして、情愛のない親子はこうなってしまう、という暗さを描いたんだろうか。なんにせよ、大分しんどい作品でした。

復讐するは我にあり ★★★★★★★★☆☆

復讐するは我にあり

復讐するは我にあり

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video


先日始まったアニメの『インフィニット・デンドログラム』を観ていたところ、主人公が使うスキルが復讐するは我にありとかいう珍妙な名前で笑ってしまいました。
…で、そういえばこの映画観たことなかったし観てみようかな?と。アマゾンでレンタルしようとしたらなんとプライム特典で無料でした。無料だから好き。


小説が原作であるということ以外、あまりよく知らなかったのですが、復讐劇ではなく、実在する連続殺人犯を描いた物語。
主人公である殺人鬼・榎津巌は所謂サイコパスで、人たらしでもある。旅館の女将であるハルも、殺人鬼だと知ってもなお榎津を匿い、結局殺されてしまうんですよね。


出てくる人物がみんな…表現が難しいのですが、ねっとりしている、というか。匂い立つような存在感がありました。
濡れ場も多いのですが、どれもすごく艶めかしい。倍賞美津子のヌードが特に印象的だったかな。三國連太郎演じる父親、あれはあれで大分悪いやつだよな…。
三國連太郎といえば、榎津が船の上で「ここで飛び込んだら助からんでしょうなあ」って言ったところで、『飢餓海峡』のラストを思い出しました。飛び込むのかと思ってしまった(


復讐するは我にあり、というのは聖書の一節で、主の言葉だと。つまり、復讐するのは(あなたではなく)神だ、という意味らしい。
最終的には捕まって死刑になるわけですが、個人的に誰かが復讐したわけではなかったし、榎津も、本当に殺したかった父は殺せなかった。
ハルを殺そうとした時は一瞬首を絞める手を緩めたのとかそうですが、とにかく、サイコキラーの内面はあまり描写されなかったので、心理描写に関しては淡々としていた印象。
ドキュメント風なので、作品として見た時にストーリーの盛り上がりには欠けますが、俳優の迫真の演技には惹きつけられました。邦画も少しずつ観ていこう。

ランウェイで笑って(14)


五等分の花嫁と一緒に購入。アニメはどこまでやるんだろう。まあ、芸華祭までが妥当なのかな…。


この巻は千雪がとにかくすごかったですね。セイラすらも凌ぐほどのオーラを放ち、ショーモデルに。男前すぎる。
身長が絶対という世界で、低身長の千雪が戦っていく中で、他にない武器が「オーラ」というのは、正直言って抽象的なところはあると思うんですよね。
物語の中で、そこの説得力をどう出していくか、というと、そこはもう「画力」になるのではないかと。その点、この漫画は見開きの大ゴマのインパクトがとても強い。
ここが弱いと、「主人公補正か…?」みたいになってしまうと思うんですけど、絵で説得力を与えている。これで初連載っていう話なんだからすごいよなあ。


そして美依さん。一度はまたつまずきかけましたが、バッグ作りに思わぬ才能を発揮し、人脈を繋いでいく様子は思わず応援したくなってしまう。
クリエイティブ職じゃなかったら、むしろ職場にいてほしいタイプの人材まである。すぐこういうキャラ好きになるやん。

石原夏織 1st LIVE TOUR「Face to FACE」愛知公演

2020年のイベント初めはこれになりました。4枚目のシングルを引っさげた初のツアーらしい。
友人が大量にシングルを買っていたので、1枚譲ってもらって応募し、お邪魔することにしました。お昼前に名古屋に到着し、まずは友人と洋食屋でご飯を。


f:id:kaitopoketto:20200119190802j:plain


ヒレカツとホタテフライ。ホタテの焼き加減が半生なのが特徴的でした。結構お客さん多かったし、人気店なんだろうなあ。
食べ終わってからは、物販のサイリウムに紫が出ないのに紫を振る曲がある、との有識者の助言を受けてドンキに紫が出るサイリウムを買いに行き、サイゼリヤで時間潰し。
隣がゲームセンターだったし、少しくらいクイズしてもよかった気がしなくもないけど、まあ話す機会のほうがゲームする機会より貴重だし間違ってなかったはず。多分。


開演時間になったので会場へ移動し、物販でパンフレットを購入しました。


f:id:kaitopoketto:20200119190910j:plain


ほぼ写真集みたいな感じで、インタビューが4ページ。SNSで手軽に発信できるからか最近減ってる気がしますが、個人的にパンフは好きなグッズなので嬉しいですね。
自分は前から2ブロック目の最前列右側でした。前が通路なので、広々してるのが良かったです。加えて、自分の右が空席だったので、サイリウムを気にせず振れたのもプラス要素。

1.Blooming Flower
2.Sunny You


3.CREATION×CREATION
4.ポペラ・ホリカ


5.MIRACLE RUSH
6.Crispy Love
7.Orange Note


8.empathy
9.雨模様リグレット


10.Taste of Marmalade


11.Singularity Point
12.Ray Rule
13.TEMPEST


14.Face to Face


~アンコール~


15.虹のソルフェージュ
16.♮ Melody
17.Face To Face


セットリストはこんな感じ。加えて、幕間にムービーが挟まる感じでした。富士急ハイランドで戦慄迷宮に挑戦した映像とか、MVのメイキング映像とか、ダンサーズのダンスとか。
普段行くライブはだいたい、衣装替えのタイミングはバックバンドが演奏するか、ダンスか、という感じなので、ムービーで間を繋ぐのは新鮮でした。富士急の時の私服がとても可愛かったです。


上のセトリで行間を空けたところにMCとかムービーとかが挟まってたんですが、今回はこの構成がとても印象的でした。ざっくり言うと似たような曲を固めている、というだけなんですけど。
決して数が多くはない持ち歌の中で、これだけ多彩な曲調で、様々な色を出せるのは石原さんの強みだな、と。ライブを引っ張れるリード曲に始まり、ノれるアニソン、ガーリーな曲。
しっとり聴かせるバラードに、強みであるダンサブルチューン。本当に引き出しが多い。あとスクリーンの演出が良く、シーンごとの雰囲気の切り替えに貢献していて面白いな、と思いました。


印象的だったところをいくつか挙げていくと、まず、『empathy』からの『雨模様リグレット』。割と好きな曲なので、聴くのを楽しみにしていたので、満足でした。
雪や雨が降っているような演出も素晴らしかった。全体的に、あの手この手を使って観客に楽しんでもらおう、というのが伝わってきたのが嬉しかったですね。
ただ、座って聴きたかったのに『雨模様リグレット』で自分の前の列の人達が大体立ったからステージが見えなくなり、止むなく途中で自分も立って棒立ちで鑑賞するハメになりました(

次に、表題シングルの中でお気に入りの『Taste of Marmalade』。どこにも属さない構成でしたけど、独特だからそうなるかな。難しい曲だと思うのですが、流石の安定感でしたね。

後半のダンスチューン3曲は圧巻。有識者から『Ray Rule』は白、と厳命されていたので、忘れずに切り替えました。ダンスも歌も洗練されていて、これは他のライブでは観られないな、と。

アンコールで客席に降りてくるのは大阪に参加した友人からの情報で知ってましたが、本当に演者と客の距離が近すぎて、これ大丈夫?と思いながら観てました。
もう少し真ん中の通路に近かったら至近距離で観られたのになあ、とは思いましたが、それでも目の前のブロックで歌ってるのはインパクト強かったですね。絶対目が合った。
『♮ Melody』、歌詞がとても良いですよね。どんなアーティストにも、各々の道程があると思うんですけど、それを感じさせる曲。歌詞がスクリーンに映し出される演出が心憎い。

そして、最後とアンコールで2度披露された表題曲の『Face to Face』。とても楽しそうに歌っておられましたね。
ムービーで「自然体を」というような話をされていたように記憶しているのですが、その通り、自然で、様々な一面を見せてくれたこのライブツアー。
そのパフォーマンスを観に来た我々観客と、正に「face to face」する場であったわけで、締めに持ってくる構成はとても綺麗だし、まとまりが良いなあ、と思いました。


…なんか忘れてるな、と思ったら『MIRACLE RUSH』を忘れてた( サプライズ枠は、知らない曲かもしれないなー、とか思いながら構えてたら、何か聞き覚えのあるイントロが…!?という。
ここでの会場の盛り上がり方がヤバかったですね。自分の近くにずっと座って聴いていた人がいたんですが、この曲が流れるやいなや、急に立ち上がってました。気持ちはよく分かる。
この曲が8年前とか嘘でしょ…?とか思うんですけど、時の流れは早いですね。オタクの例に漏れず、ニコニコ動画で育っているので、例の空耳コメントが脳内で左から右へ流れていきました。


f:id:kaitopoketto:20200119190809j:plain


流石に『MIRACLE RUSH』を聴いたら晩飯はココイチしかないだろう、ということで(ということでじゃないが)、終演後はみんなで名駅近くのCoCo壱番屋へ。久しぶりにココイチに来た気が。
美味しいと思うんだけど、トッピング前提だからやっぱりちょっと高いんですよね。競合他社がいないから仕方ないか…ってココイチの話しても意味ないからやめよう。


コロコロと変わる曲調、それに合わせた演出、そのバラエティ豊かな楽曲を歌い分ける力量。友人がよく「楽しい」現場だと表現しているんですが、正にその通りだな、と。
それでいて、MCでライブのタイトルすら噛むという平常運転に安心する。アンコールのMCを聴いていて、この人に付いていくファンが多い理由も分かってしまいますね。


そんなわけで、初めてお邪魔したんですが、楽しいひとときを過ごせました。応募券を譲ってくれた友人や、一緒に遊んでくれた皆様、ありがとうございました。
オタク活動はソロ、が信条ではありますが、色々なライブに参加すると視野も広がるし、こういう繋がりは大事にしていきたいですね。また機会があれば是非。

五等分の花嫁(13)

五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)


日付が変わると同時にKindleで買って、読了してから寝ました。おかげでちょっと眠い。マガポケで読んでる人は毎週これやってるんだなあ。
…あ、QMA界隈でここを監視読んでくれている方には申し訳ないですが、クイズについては今月はもう話題にしないと思います。書くようなネタもないので…。
KACの短評とかが公式に色々出たらそれについて触れようかな?とは思ってますが、開催結構先だし、2月入ってからなんじゃないかなあ…。


13巻は、残りの学園祭編、そして、収録されている最後のエピソードで、風太郎が誰を選んだかが明かされる、というところ。こんなところで切られたら続きが気になって仕方ない。
三玖が風太郎のみならず、クラスのために行動したのが良かった。五月は何が起こるかと思いきや、元父親が出てきて言いたい放題とかいうまさかの展開だった。しかもそこに割かれる尺長いし。


前巻を読んだ時に花嫁予想した時は4か5かな~、って書いたんですけど、まあ、こうなったな、というか。
この作品、5人のヒロインへの描写が丁寧で、かつ平等であることから来る、一種のギャルゲー的な魅力があると思うんですが、それだけに留まらず、ミステリとしても読めるのが興味深い。
「花嫁は誰か?」という謎について、過去や未来の描写を断片的に出すことで、読者がある程度予想できるようになっている。小説ならまだしも、週刊連載の漫画でやるのはかなりテクニカル。
「○○が好きだから、花嫁は○○であってほしい」みたいな願望ではなくて、伏線を手がかりに、考察することができる、というのも、ファンの間で盛り上がっている大きな理由なんでしょうね。


14巻で完結ということで、3ヶ月も待つのか…という感じですが、ここからはもうウイニングラン…というわけにもいかないのかな。二乃がどう整理をつけるのか。わたし、気になります!(死語)